ホーム > 福祉活動 > くらしの助け合いネットワーク あんしん

特定非営利活動法人
JAあづみ くらしの助け合いネットワーク あんしん

住み慣れた場所で安心して、心豊かに暮らしたい、これは私たち誰もが願っていることです。
この願いをかなえるため、特定非営利活動法人 JAあづみ くらしの助け合いネットワーク あんしんが地域の皆さんの「困った時はお互いさま」と仲間同志が支えあい「あしたあんしんして暮らしたい」という願いの実現に向けて誕生しました。
この活動は大きく分けて「有償在宅サービス」と「あんしん広場」があります。

有償在宅サービス

会員制の有償在宅福祉サービスです。このサービスは、地域の皆さんの支え合いによって運営されています。
お年寄りだけのお宅、寝たきりのお年寄りを介護されているご家族、障害があったり母子父子家庭の方でお手伝いが必要とされている方の「日常生活のちょっと困ったな」ということをお手伝いします。

生き活きくらすためのサービス内容

<家事援助サービス>
食事づくり / 住居等の掃除 / 衣類の洗たく補修 / 生活必需品の買物 / 生活に関する相談 / 草むしり
<介護・介助サービス>
食事介助 / 入浴介助 / 排泄介助 / 身体清拭
<会員になるための入会金・年会費>
入会金:3,000円  年会費:2,000円
いつでも会員になれます。

あんしん広場

住み慣れた地域で安心して生き活きと暮らすには、「独りぼっちをつくらない」地域であることが大切です。
あんしん広場は「どこからでも、どなたでも」を合言葉にしたお茶のみ会です。
公民館や集会所に、誰でも自由に集まって楽しみましょう。JAあづみ管内で25箇所の広場が開かれています。

連絡先

特定非営利活動法人 JAあづみ くらしの助け合いネットワーク あんしん
〒399-8201 安曇野市豊科南穂高2728-1
TEL:0263-71-2828
FAX:0263-88-2802


14.11.05

かまどおにぎりを振り舞いました

 「信州安曇野ハーフマラソン・プレ大会」が10月12日、安曇野市で開催されました。 県内外から来られる方々をもてなそうと「“あんしん”かまど隊」の皆さんはかまどで炊いたご飯で作ったおにぎり1,200個を振舞いました。 汗びっしょりで帰られた方々一人一人に、「お疲れさん」と声を掛けながお渡しするとホッとした笑顔で答えてくれました。 台風の心配もありましたが参加した皆さん無事走り終える事が出来てよかっ…

詳しく見る

14.09.15

地域における包括システムや認知症の現状について学びました

 7月25日と26日、生き活き塾の塾生16名はJA長野厚生連佐久総合病院農村保健教育ホールで開講された第54回農村医学夏季大学講座に参加しました。  生き活き塾は、「農の心」を基本として身近な農業・食・福祉の現状や課題等をテーマに毎月学習を重ねており、「学んだことは家庭で実践・地域で実践」を合言葉に様々な活動の輪が地域に拡がっています。また、こうした学習や活動の場を通じて、組合員や地域住民が一体と…

詳しく見る

14.08.14

『五づくり畑研修会』を開催しました

 生き活き塾で学んだ事の実践として、自宅の「せんぜ畑」でおいしい野菜を作り、冬場でも緑の野菜を食べようと活動し続けている仲間は、細井干重子さんを講師に招き「信州の六季(心身土不二)の食事学」について学びました。細井先生は「旬の野菜は一番栄養があるので、自分で野菜を作って食べることが良い」と話しました。 講演を聞いた「学校給食に食材を提供する会」の柴野道夫代表は「子供たちにおいしい野菜を届け、安心安…

詳しく見る

福祉活動

最近のエントリー
第1回「あんしんセミナー」
高齢者福祉活動拠点が完成 健康長寿、生きがいづくり 地域のサロンにも
「あんしん」施設が来春オープン
かまどおにぎりを振り舞いました
地域における包括システムや認知症の現状について学びました
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop