ホーム > 福祉活動 > くらしの助け合いネットワーク あんしん

特定非営利活動法人
JAあづみ くらしの助け合いネットワーク あんしん

住み慣れた場所で安心して、心豊かに暮らしたい、これは私たち誰もが願っていることです。
この願いをかなえるため、特定非営利活動法人 JAあづみ くらしの助け合いネットワーク あんしんが地域の皆さんの「困った時はお互いさま」と仲間同志が支えあい「あしたあんしんして暮らしたい」という願いの実現に向けて誕生しました。
この活動は大きく分けて「有償在宅サービス」と「あんしん広場」があります。

有償在宅サービス

会員制の有償在宅福祉サービスです。このサービスは、地域の皆さんの支え合いによって運営されています。
お年寄りだけのお宅、寝たきりのお年寄りを介護されているご家族、障害があったり母子父子家庭の方でお手伝いが必要とされている方の「日常生活のちょっと困ったな」ということをお手伝いします。

生き活きくらすためのサービス内容

<家事援助サービス>
食事づくり / 住居等の掃除 / 衣類の洗たく補修 / 生活必需品の買物 / 生活に関する相談 / 草むしり
<介護・介助サービス>
食事介助 / 入浴介助 / 排泄介助 / 身体清拭
<会員になるための入会金・年会費>
入会金:3,000円  年会費:2,000円
いつでも会員になれます。

あんしん広場

住み慣れた地域で安心して生き活きと暮らすには、「独りぼっちをつくらない」地域であることが大切です。
あんしん広場は「どこからでも、どなたでも」を合言葉にしたお茶のみ会です。
公民館や集会所に、誰でも自由に集まって楽しみましょう。JAあづみ管内で25箇所の広場が開かれています。

連絡先

特定非営利活動法人 JAあづみ くらしの助け合いネットワーク あんしん
〒399-8201 安曇野市豊科南穂高2728-1
TEL:0263-71-2828
FAX:0263-88-2802


12.02.13

あんしん広場 柏矢町会場(2012年1月)

お世話係 松岡明子・臼井咲子・吉田末子・関口章・中越茂子・横山甲 「柏矢町は砂地のような地盤で、フォッサマグナ西先端断層に位置する地域」と聞いたお世話係が、私達の住んでいる地域は本当に大丈夫なのか心配になったことをきっかけに、今回のあんしん広場では地震についてお話しを聞く事としました。そして、三郷にお住まいの日本地質学会会員の木船清先生をお招きしました。 地質学の話しの中で、横揺れが長いと大きな損…

詳しく見る

11.12.11

あんしん広場 長野会場(2011年12月)

お世話係 小幡かづ子・本郷章子・杉山和子・藤原寿江 今日はお世話係の藤原寿江さんが折り紙教室で学んだ折り紙作品を会場のみんなで作ろうと、全員で折り紙に挑戦しました。 この作品は、折る作業と張り付ける作業があり、きちんと折って慎重に張り付けていかないと見栄えが悪くなってしまうものでした。広場の皆さんは「なかなか器用に出来ないわ」と言いながらも、良い作品をつくるため試行錯誤しながら一生懸命作業に取り組…

詳しく見る

11.11.09

あんしん広場 上堀会場(2011年11月)

お世話係 佐藤 弘子・山口 民子・中野みさを・宇留賀八千子・大屋まさ子・北原ひろ江  (社)JC総研客員研究員の根岸久子さんが来て下さいました。9月28日から2日間かけてJAあづみの生活協同活動を取材し、「論文」にまとめるそうです。 根岸さんとは、30年来の付き合いもあり、生き活き塾では講師として来て頂いた事もあります。また、平成19年に毎日新聞社主催の「毎日介護賞奨励賞受賞」の際には、…

詳しく見る

福祉活動

最近のエントリー
第1回「あんしんセミナー」
高齢者福祉活動拠点が完成 健康長寿、生きがいづくり 地域のサロンにも
「あんしん」施設が来春オープン
かまどおにぎりを振り舞いました
地域における包括システムや認知症の現状について学びました
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop