ホーム > 営農情報 > 2023年2月

営農情報

23.02.21

水稲

 3月は、令和5年産米の種籾消毒・浸種作業等が始まります。昔から『苗半作』とも言われているように、苗作りはその年の作柄を大きく左右します。天候不良等に負けない苗作りを目指しましょう。  JAでは「JA長野県安心基準米」の生産に取り組んでいます。同米は、次の要件を満たしたお米の事をいいます。 ?JA長野県安心基準米チェックシートに取組み生産された米であること。 ?種籾の種子更新を行い、品種名が確認さ…

詳しく見る

23.02.21

花き

花きを栽培してみませんか 露地でも栽培が可能で出荷できる品目や栽培方法があります。今回は、比較的管理が容易な露地品目をご紹介します。アスター  盆花として、露地で栽培ができ、栽培管理も比較的容易にできます。 市場からは、貴重な品目とされ栽培面積の増大を要望されております。7割〜8割が注文で推移しており、通常の販売も各産地の品不足から高値で推移しております。※同じ圃場での連作ができない為、各産地で栽…

詳しく見る

23.02.21

果樹

※1 ふらん病は幹や枝に発生するため見落としに注意する

※1 ふらん病は幹や枝に発生するため見落としに注意する

剪定の見直しと発芽前管理  3月を迎え、いよいよ樹が活動し始める時期となってきました。冬作業の見直しを進めて、春の芽吹きに備えていきましょう。 この冬は寒暖の差が大きいので、今後の生育に注意して適期防除に努めましょう。今月の主な作業1.整枝剪定の見直し 発芽以降に芽に十分な日光を当たるよう、枝の配置を見直しましょう。剪定作業が遅れている方は、ペースを上げて発芽前までには作業が終了するよう…

詳しく見る

23.02.21

そ菜

ジュース用トマトの栽培拡大のお願い●令和5年度価格   53円/1kg●目 標 反 収8t  粗収益 約42万円  3月になり、ジュース用トマトの播種時期となりました。契約栽培で段ボール等の出荷に関わるコストもなく、確実な収入が見込めます。転作品目や遊休荒廃地の有効利用に作付けをお願いします。 また、令和5年度も部会から生産振興に関わる助成がありますのでご活…

詳しく見る

営農情報

最近のエントリー
カテゴリ別に見る
水稲
果樹
そ菜
きのこ
畜産
花き
産直
食育
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop