ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“楡” > あんしんの里・楡のいちにち(元年12月)

あんしんの里“楡”

19.12.10

あんしんの里・楡のいちにち(元年12月)

大根と野沢菜を漬ける

 毎年恒例の冬の漬物作りを行いました。今年は20圓梁膾の糠漬けをしました。始めに、楡の畑で採れた茄子の葉と干し柿作りの際に剥いておいた柿の皮をちぎって準備万端です。立派な大根を桶の中に丁寧に並べ、茄子の葉と柿の皮を撒き、また大根を重ねていくと、あっという間に一桶いっぱいになりました。漬物名人たちの手で漬けた大根漬けの出来が早くも楽しみです。野沢菜漬けも同じく20堋劼韻泙靴拭L鄲菜を一段一段隙間なく敷き詰め、「美味しく漬かれよ〜」と皆さんの願いを込めて、塩漬けの仕込みが終わりました。冬の間中、美味しいお漬物を食べることができそうです。

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・楡のいちにち(2年2月)
あんしんの里・楡のいちにち(2年1月)
あんしんの里・楡のいちにち(元年12月)
あんしんの里・楡のいちにち(29年9月)
あんしんの里・楡のいちにち(29年8月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop