ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“南穂高”

あんしんの里“南穂高”

住み慣れた地域で、自分らしく暮らすデイサービス

野菜や花づくりなど季節を肌で感じながら、自分の家にいるように生き活きとすごすことができます。
「いつもと変らない普通の家」そんな温もりのある「おとなりの縁側」を感じさせるデイサービスです。

サービスの内容

送迎サービス/給食サービス/入浴サービス/レクリエーション/健康状態の確認/日常動作訓練/介護サービス

定員:19名
利用日:年中無休(年末年始除く)
利用時間: 9:00〜16:00(延長時間の対応もいたします)

連絡先

JAあづみ あんしんの里“南穂高”
〒399-8201 安曇野市豊科南穂高2728-5
TEL:0263-73-0550
FAX:0263-73-0559

13.10.10

あんしんの里・南穂高のいちにち(25年9月)

 残暑の厳しい8月下旬、午後のお茶の時間に流しそうめんを行いました。気持ちよく吹く風の中、デイサービスの玄関前に竹を用意して、おわんにはネギや大葉、ミョウガの薬味の入ったつゆを入れて「流しますよ〜」と職員の大きな声を合図に色とりどりのそうめんや畑で採れたミニトマト、ささげ、そして豆腐、ゼリーが流れてきました。真剣なまなざしで上手に箸を使い、つるつると美味しそうに食べて「あӏ…

詳しく見る

13.09.10

あんしんの里・南穂高のいちにち(25年8月)

 恒例のうちわ作りを行いました。デイサービスで書いた習字や塗り絵の作品からお気に入りを選び、うちわの骨に貼り付けオリジナルうちわが完成しました。残暑が厳しいので、まだまだ大活躍しそうですね。 今年の猛暑を乗り切ろうと赤シソでジュースを作り、湯上りや午睡後の水分補給をしています。ほんのり甘くて美味しいと大好評です。また、お風呂には布袋に赤シソを入れて浴槽に浮かべて袋を揉むとシソのさわやかな香りが疲れ…

詳しく見る

13.08.13

あんしんの里・南穂高のいちにち(25年7月)

 7月2日デイサービスで認知症研修会が行われました。安曇総合病院の薛先生より「認知症〜付き合いながら、助け合いながら〜」のテーマで利用者、家族、介護職員など約40名が熱心に耳を傾けました。病気の理解や対応についてわかりやすく説明していただき、とても勉強になりました。また、研修会終了後、利用者の家族と職員との茶話会も開き、デイの日頃の様子や家での様子など気軽に話しが出来ました。「とても参考になりまし…

詳しく見る

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・南穂高のいちにち(2年2月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(2年1月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(元年12月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(29年9月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(29年8月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop