ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“南穂高” > あんしんの里・南穂高のいちにち(26年2月)

あんしんの里“南穂高”

14.03.05

あんしんの里・南穂高のいちにち(26年2月)

  2月3日、節分の日にデイサービスの鬼を追い出し、福を招き入れるため、利用者さんと一緒に大きな声で豆まきをしました。金棒を持った赤鬼と青鬼が
「悪いことが大好きだ」と現れると、「鬼は外、福は内」と元気に落花生を投げて追い払いました。また、みんなで鬼のパンツの手遊びをやり、
にぎやかな楽しい節分になりました。
 2月11日、利用者さんや地域の皆さんなど50名が集まり、いつまでも美味しく楽しく安全に食事ができるように、
口腔機能の低下予防をする「お口元気体操」を行いました。デイサービスでも口腔体操「パタカラ」の発声をして昼食を食べていますが、今回は「パタカラ」を
「ふるさと」や「夕焼け小焼け」などの唱歌に合わせて、気軽に楽しく歌いながら体操をしました。琉球舞踊や「大根音頭」「人生いろいろ」など歌謡ショーも行い、
  一緒に口ずさみながら楽しいひとときを過ごしました。

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・南穂高のいちにち(5月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(4月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(3月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(2月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(1月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop