ホーム > 組織活動 > 青壮年部

青壮年部

組織について

JAあづみ青壮年部は、安曇野地域の農業振興や安全・安心な農畜産物生産はもちろんのこと、地域消費者との農業体験交流、スポーツ交流、農政運動など様々な活動を通じて、地域間・盟友間の強い結束力と絆を作り上げる活動を行っています。
これからも、「全ての盟友が参加しやすい魅力ある活動」を目指して、盟友みんなで活動を考え、そして話合い、「楽しく、おもしろく、カッコ良く、そしてマジな活動」に向かってがんばります。

規模・構成

名 称 あづみ農業協同組合青壮年部
(JAあづみ青壮年部)
支 部 7支部
代表者 部長 鶴見 亮太 専門部 農政部、組織部、文化部、若い盟友
盟友数 123人(本部役員20人)    

活動内容

消費者であるコープながの組合員やその家族と一緒に、子ども達に農業の魅力を伝える農業体験「ふれあい農園」を活動の軸に、全盟友による管内農免道路沿いのゴミ拾い運動や親睦ゴルフ大会、ソフトボール大会などを行っています。
また、行政やJA役職員、室・事業部との懇談会等の農政運動、地域への啓発活動として、「食と農と水を守ろう」をテーマに手作り看板を作成し、地域に設置しているほか、地元農産物の販売PRやJA祭等への協力を通じて、盟友の資質向上や地域の活性化につなげています。

17.03.30

手づくり看板・かかし制作コンクール 活動報告

▲最優秀賞「農に挑む」

▲最優秀賞「農に挑む」

 JA青壮年部の各支部は、農業やJA、青壮年部活動について、手づくりの看板制作などを通じ、いのちを育む農業のある地域づくりの大切さをアピールするため、11枚の看板を作り、JA長野県青年部協議会主催の「手づくり看板・かかし制作コンクール」に応募しました。 応募した作品のうち、小倉支部の2作品が最優秀賞と敢闘賞に選ばれました。最優秀賞は、JAと協同で農業に挑戦していくイメージを、敢闘賞は、新しいJAを…

詳しく見る

17.02.15

JA常勤理事、室・事業部長との懇談会 活動報告

▲あいさつをする甕隆行青壮年部長

▲あいさつをする甕隆行青壮年部長

 JA青壮年部役員は、松本市のJA中信会館で「JA常勤理事、室・事業部長との懇談会」を行いました。 懇談会には青壮年部役員とJA役職員の22名が出席。青壮年部盟友が日頃感じているJAへの疑問や要望に対して、千國茂代表理事組合長をはじめとした役職員がひとつひとつ回答しました。 また、営農経済事業部の小林康男部長が安曇野スイス村ハイジの里の運営状 況などを説明し「半年で100万円以上売り上げている会員…

詳しく見る

16.12.24

青壮年部親睦旅行 活動報告

 12月18日と19日、JA青壮年部は盟友の交流を兼ねて、富山・石川へ親睦旅行をしました。 各支部の盟友ら22人が参加し、国宝「高岡瑞龍寺」や氷見漁港場外市場、千崎浜なぎさドライブウェイ、兼六園、金沢城などを見学しました。 移動中などで、今年度行った「ふれあい農園」や組織・文化・交流活動について、意見交換もしました。…

詳しく見る

16.09.15

JAあづみ青壮年部代表でソフトボール大会に出場 活動報告

9月2日、JA青壮年部温支部は松本市島内のあずさ運動公園で開催したJA長野県青年部協議会第46回親睦球技大会に出場しました。 県内JAの青壮年部員ら約100人が参加し、JA青壮年部温支部は、1回戦のJA信州うえだに勝ち、準決勝では優勝したJA松本ハイランドに敗れましたが健闘しました。 この球技大会は、地区を超えた盟友同士の仲間づくりを進め、青年部活動を活力あるものにすることが目的に毎年開催していま…

詳しく見る

16.07.30

地域貢献活動とソフトバール大会 活動報告

 7月16日、JA青壮年部は早朝より管内の主要道路沿いに落ちている空き缶やタバコの吸い殻、などのゴミ拾いをしました。盟友××人が参加し、約1時間かけてゴミ袋×袋分のゴミを拾い集めました。 交通量が多い道路沿いでは、田畑に投げ捨てられるゴミが多く、農業機械が田 畑に入れないなど農作業に支障をきたいしています。 ゴミ拾後には、ソフトボール大会を開き、各支部の盟友が交流を深めました。…

詳しく見る

組織活動

最近のエントリー
『旬の農産物寄贈 笑顔でスイカ受け取る
『JA常勤役員、室・事業部長との懇談会開催』
『すくすく育って 園児にスイカ寄贈』
農業体験「ふれあい農園」がスタート!!
第52回通常総会
カテゴリ別に見る
ふれあい農園
活動報告
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop