ホーム > 組織活動 > 青壮年部

青壮年部

組織について

JAあづみ青壮年部は、安曇野地域の農業振興や安全・安心な農畜産物生産はもちろんのこと、地域消費者との農業体験交流、スポーツ交流、農政運動など様々な活動を通じて、地域間・盟友間の強い結束力と絆を作り上げる活動を行っています。
これからも、「全ての盟友が参加しやすい魅力ある活動」を目指して、盟友みんなで活動を考え、そして話合い、「楽しく、おもしろく、カッコ良く、そしてマジな活動」に向かってがんばります。

規模・構成

名 称 あづみ農業協同組合青壮年部
(JAあづみ青壮年部)
支 部 7支部
代表者 部長 鶴見 亮太 専門部 農政部、組織部、文化部、若い盟友
盟友数 123人(本部役員20人)    

活動内容

消費者であるコープながの組合員やその家族と一緒に、子ども達に農業の魅力を伝える農業体験「ふれあい農園」を活動の軸に、全盟友による管内農免道路沿いのゴミ拾い運動や親睦ゴルフ大会、ソフトボール大会などを行っています。
また、行政やJA役職員、室・事業部との懇談会等の農政運動、地域への啓発活動として、「食と農と水を守ろう」をテーマに手作り看板を作成し、地域に設置しているほか、地元農産物の販売PRやJA祭等への協力を通じて、盟友の資質向上や地域の活性化につなげています。

10.06.04

早めの病害虫防除を行いました ふれあい農園

 6月2日、きゅうりネットを取り付けました。  また、きゅうりやトマト、ナス等の葉裏にアブラムシが発生しました。昨年度の反省を活かし、同日にJA営農指導員にも協力してもらい、病害虫防除を行いました。  散布した農薬は、アブラムシ等を駆除するDDVP乳剤(殺虫剤)とダコニール1000(殺菌剤)です。  良い農産物を栽培するために、ご理解をお願いします。  …

詳しく見る

10.05.29

トマトの苗が大きくなりました ふれあい農園

 5月28日、トマトの苗の誘引作業を行いました。  トマトの苗は、日々成長を続けています。しかし、最近の低温により、ナスやピーマンなどでは生育に遅れが出てきています。  また一部の苗で、アブラムシなども発生してきたので、JA営農指導員とも相談して、防除等の対応を考えていきます。…

詳しく見る

10.05.24

早く雨があがりますように・・・ ふれあい農園

 前日から降り続く大雨により、圃場の畝間に掘った排水路には、かなりの雨水が溜まってきました。  農産物の今後の生育への影響が心配されます。…

詳しく見る

10.05.22

2回目の農園作業を行いました ふれあい農園

今後も草取りはみんなで行います

今後も草取りはみんなで行います

 5月22日、曇天模様の中、2回目の作業を開催しました。  今回は、サツマイモ(紅東)150本の定植と、人参の種まき、じゃがいもの草取り等を行いました。参加者で、土寄せやマルチ掛けも行い、1本1本丁寧に植えつけました。  2週間前に定植したトマトやきゅうりなどは、かなり大きくなっていて参加者もびっくりの様子です。  一部で、アブラムシが発生していたので、今後は防除等の対応をしていきます。  今後も…

詳しく見る

10.05.18

とうもろこしの芽が出ました ふれあい農園

 5月8日に種まきした、とうもろこしの芽が少しずつ出始めました。  今週末の作業日には、沢山、芽が出ていると思いますよ。楽しみにしていて下さいね☆…

詳しく見る

組織活動

最近のエントリー
『旬の農産物寄贈 笑顔でスイカ受け取る
『JA常勤役員、室・事業部長との懇談会開催』
『すくすく育って 園児にスイカ寄贈』
農業体験「ふれあい農園」がスタート!!
第52回通常総会
カテゴリ別に見る
ふれあい農園
活動報告
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop