ホーム > お知らせ > 『菜の花プロジェクト安曇野 地域の支え実感』

お知らせ

21.06.11

『菜の花プロジェクト安曇野 地域の支え実感』 JAからのお知らせ

▲提供されたパイプやはぜ足に収穫した菜種を掛ける会員ら

 管内の住民でつくるNPO法人「JAあづみくらしの助け合いネットワークあんしん」のグループ「菜の花プロジェクト安曇野」と「JAあづみ生き活き塾」は、安曇野市豊科の約15討諒狆譴婆の原料となる菜種の刈り取り作業を行いました。
 この日は会員、塾生、JA職員ら約10人が菜種の刈り取りとはぜ掛けを行いました。
 
 遊休荒廃地の有効活用と『菜の花油でいのちの循環、資源の循環』を目的に取り組み今年で19年目。地域に根差した活動として浸透しています。
 例年、はぜ掛け用の足場は組み立てが難しく不安定な木製の物を使用していたが、今年は地元住民の提供で丈夫な鉄製のはぜ足やパイプを組み立てて行いました。同市堀金烏川の国営アルプスあづみの公園からは菜種の提供の申し出があり、合わせると昨年を上回る収量を見込んでいます。
 刈り取った菜種は1週間ほどはぜ掛けし、ビニールシートの上で穂束のさやの部分を棒で叩いて種を取り出します。
 その後2週間ほどハウスで乾燥させ、江戸時代からの伝統製法を守る県外の業者に製油を依頼します。出来上がった無添加の菜種油は、このあと作るヒマワリ油と合わせて直売所などで販売する予定です。
 また、毎年2月、管内の学校給食センターへ寄付もしています。
 
 同プロジェクトの細萱富子代表は「地域のみなさんの協力や支援によってこの活動が支えられていると改めて実感した。菜種油の提供を通じて少しでも食の奥深さを学んでくれれば嬉しい」と話しました。

お知らせ

最近のエントリー
『豊科・南穂高・上川手・高家支所にお取引のあるお客様へ』
『農業に功績のある3人を表彰 地域農業のけん引期待』
『菜の花プロジェクト安曇野 地域の支え実感』
『父の日にひまわりを 45万本の出荷見込む』
『第56回通常総代会開催』 
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop