ホーム > お知らせ > 『父の日にひまわりを 45万本の出荷見込む』

お知らせ

21.06.10

『父の日にひまわりを 45万本の出荷見込む』 JAからのお知らせ

▲出荷規格を確認する生産者ら

 安曇野市堀金のJAそ菜特産流通センタ―でひまわりの出荷目ぞろい会を開きました。生産者ら約30人が参加し、出荷規格や荷造り方法、階級、選花、選別などを確認しました。営農経済事業部農産課の小山幸亮営農指導員は「市場関係者からは品質が安定してきている」と評価が高いことを伝え「咲き加減、花径や茎の太さ、1箱の中身を揃えて欲しい」と正確な選別を呼び掛けました。

 同JAのひまわり販売高は県内トップクラスで、2020年度の販売額は長雨による病害での圃場廃棄、コロナ禍という事もあり播種を見送った生産者も多く、前年比出荷量で3割減、販売額2割減の1,400万円に留まりました。21年度は前年比600万増2,000万円の販売を見込み巻き返しを図っていきます。出荷計画は約45万本、関西や中京の市場を中心に10月頃まで続きます。
 約4万本を栽培している生産者は「昨年と比べて雨が少ない為、病害は少なく順調に生育が進んでいる。梅雨の間は防除を徹底し、高い品質のものを消費者に届けたい」と意気込みました。
 
 ひまわりは父の日の贈り物や結婚式の夏の装花として人気があり、直播ができ強健でかつ初心者でも栽培がしやすいことから栽培講習会などを通じて生産者を募集していきます。
 

お知らせ

最近のエントリー
『菜の花プロジェクト安曇野 地域の支え実感』
『父の日にひまわりを 45万本の出荷見込む』
『第56回通常総代会開催』 
『春ストック出荷本格化 正確な選別呼び掛け』
『凍霜害により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop