ホーム > お知らせ > 『農業に功績のある3人を表彰 地域農業のけん引期待』

お知らせ

21.06.19

『農業に功績のある3人を表彰 地域農業のけん引期待』

▲河崎審査委員長蕕ら金賞を受賞した高山計明さん(左から2人目)に表彰状が授与されました

▲受賞者の高山さん(右から1人目)、荒芝さん(右から2人目)、立石さん家族と河崎審査委員長(右からの3人目)


 JAあづみと同農政協議会は、安曇野市豊科の安曇野スイス村サンモリッツで「第2回安曇野の農業を守り、つなぐ農業者のつどい」を開き「55年目の発掘と褒賞」の各部門受賞者3名と推薦者3名を表彰しました。
 農家組合(くみあい会)長や農政協議会委員、関係組織、JA役職員ら約160人が参加。
 主催者である千國茂代表理事組合長は冒頭のあいさつで「この褒賞を機に、さらなる高みを目指し安曇野の農業をけん引していってほしい」と述べました。

 審査委員長を務めた映画監督の河崎義祐さんから「研究開発部門(金賞)」の高山計明さん、「後継者部門(殊勲賞)」の荒芝裕一さん、「新規就農者部門(敢闘賞)」の立石稔さんに表彰状が手渡され、千國組合長は受賞者と推薦者にそれぞれ記念品を授与しました。

 この表彰は創立55周年を記念した企画。「55年目の発掘と褒賞〜安曇野の大地への愛と誇りを〜」と題し、幅広い世代層にスポットをあて、安曇野の農業振興に繋げていくとともに「安曇野の農業」を支えている農業者への感謝を伝えるため昨年度に創設しました。
 「研究開発部門(金賞)」肥料や種子、作型等の分野で改良の著しい研究成果を上げた者、「後継者部門(殊勲賞)」地域の担い手として熱情を注ぐ後継者、「新規就農者部門(敢闘賞)」県内や県外から移住し、Iターンなどで新規就農を始めた者の各部門で受賞者を選出しました。令和4年度まで毎年表彰する予定です。
 6月上旬に行った審査会では河崎審査委員長や大学教授、JA役職員ら11人による審査により、12人の候補者の中から各部門の受賞者を決めました。

 また、同式では受賞者による「受賞者発表」も行われ金賞を受賞した高山さんは、今までの自身の取り組みを振り返りつつ「ここまで成果を上げられたのは歴代の畜産技術員の指導によるところが大きい」と述べ「牛は変化を嫌う動物。毎日正しい事を繰り返すことでしか牛の能力を高めることはできない」と継続することの大切さを話しました。

お知らせ

最近のエントリー
『豊科・南穂高・上川手・高家支所にお取引のあるお客様へ』
『農業に功績のある3人を表彰 地域農業のけん引期待』
『菜の花プロジェクト安曇野 地域の支え実感』
『父の日にひまわりを 45万本の出荷見込む』
『第56回通常総代会開催』 
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop