ホーム > お知らせ > 『広島県産レモン選果開始 個包装で高値販売』

お知らせ

21.04.15

『広島県産レモン選果開始 個包装で高値販売』 JAからのお知らせ

▲レモンの傷の有無を確かめ、選果機に流す選果員ら

▲大きさ別に選別

 JAあづみが広島県呉市のJA広島ゆたかと業務提携し、安曇野市三郷小倉の大型冷蔵庫で3月下旬から貯蔵していた広島県産レモンの選果作業が15日、JAあづみ小倉選果所で始まりました。  

 安曇野産果実がない時期にJAあづみの施設を有効活用し、国産レモンが品薄となる夏場に首都圏や関西方面などの大消費地に国産レモンを供給する「中継基地」としての役割を担い、JA広島ゆたかの販売増に貢献しています。

 JAあづみが広島産のレモンを受け入れるのは9年目。毎年100伝宛紊鯀果しているものの、1月の寒波の影響により昨季より80転ない、60鼎砲覆觚通しです。
 今年は、例年のおよそ5倍にあたる30鼎髻孱-プラス」と呼ばれる鮮度維持特殊フィルムに個包装します。JA広島ゆたかによると、袋詰めされたレモンは1個258円の高値で取引されることもあり、生産者の所得向上に一役買っているといいます。

 袋詰め作業に時間がかかる事から、例年より1ヵ月ほど早く選果を始め、初日は千國茂代表理事組合長らが見守る中、約20人の選果員が1.5鼎鯀果しました。
 

お知らせ

最近のエントリー
【重要】『広島県産レモンの販売について』
『2021年JAあづみフォトコンテスト作品募集』
『広島県産レモン選果開始 個包装で高値販売』
『果樹に凍霜害 農業災害対策本部設置』
『2022年度JA長野県営農技術員統一募集について』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop