ホーム > お知らせ > 『ジュース用トマト播種始まる 4月中旬から配苗』

お知らせ

21.03.15

『ジュース用トマト播種始まる 4月中旬から配苗』 JAからのお知らせ

▲種の入っていない穴に種をまく作業員

 月15日、安曇野市堀金の烏川育苗センターで主要品目のひとつであるジュース用トマトの播種作業を行いました。作業は3月下旬までに合計4回行います。2021年度は5月上旬までに注文のあった60戸の生産者に仮植苗14万本、定植苗6万本を配苗する予定です。
 
 2021年度販売計画は昨年比約740万円増の1億2,210万円、出荷計画は同約20伝の2,442邸6畴、消費者の健康志向から国産トマトジュースの需要が高まり、取引先からは出荷量の増量を要望されています。
 
 作業初日となったこの日はJA営農指導員や烏川体験農場の会員ら9人が野菜播種機を使って育苗トレーに土をいれてならし、一粒ずつ種をまきました。担当者が種の入っていない穴がないか確認しながら丁寧に作業を行いました。
 種をまき終わった育苗トレーは気温28℃に保った出芽室で3日間ほど置いた後、10℃以下にならないよう温度管理されたハウスで20日ほど育苗し、4月中旬に仮植苗、5月上旬には定植苗をそれぞれ配苗します。
 また、4月下旬には本年度から栽培が本格化する機械収穫用の苗約3.6万本の摘心作業を行います。

お知らせ

最近のエントリー
『2022年度JA長野県営農技術員統一募集について』
『2022年度新規採用職員募集のお知らせ』
『シナノリップ高評価 令和2年度販売実績検討会開催』
『ジュース用トマト播種始まる 4月中旬から配苗』
『もも販売単価高値で推移 農家手取り確保に注力』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop