ホーム > お知らせ > 新米の初検査が始まりました

お知らせ

19.09.12

新米の初検査が始まりました JAあづみだより

▲米袋から新米を抜き出し、外見や水分量を確認する検査員

 9月12日、JAあづみは安曇野市穂高柏原のJA北部低温農業倉庫で令和元年産米の初検査をしました。
 JAの農産物検査員が品質を見極め、検査した「コシヒカリ」の全量が1等の評価を受けました。
 JA管内で約1万2600トンの集荷を目指し、検査は10月中旬まで続きます。
 主力の「コシヒカリ」は14日〜23日にかけて収穫のピークを迎える見込みです。
 21日・22日にはJA農産物直売所「安曇野スイス村ハイジの里」で新米まつりを開催します。安曇野産のお米がいち早く販売されますので、皆様のお越しをお待ちしております。

お知らせ

最近のエントリー
『JAあづみ女性部フェスティバル参加予定の皆様へ』
『JAあづみ創立55周年企画「55年目の発掘と褒賞〜安曇野の大地への愛と誇りを〜」』候補者募集
『女性のつどいに参加予定の皆様へ』
『無添加の食用油 給食に』
『JAあづみ青壮年部とJA常勤役員、室・事業部長との懇談会』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop