ホーム > お知らせ > 2017年3月

お知らせ

17.03.15

りんご生産販売実績検討会を開催 JAあづみだより

▲生産販売について説明する営農指導員

▲生産販売について説明する営農指導員

 3月15日、JAあづみりんご部会は、松本市梓川のJA梓支所で、りんご生産販売実績検討会を開き、梓支部の部会員やJA役職員、市場関係者ら約70人が参加しました。 検討会では、JA職員が平成28年度生産販売実績や平成29年度振興対策について説明し、市場関係者が市場から見た販売の課題と産地への提言をしました。シナノスイートやサンふじなどが、10月に発生した台風18号の強風により、落果やスレ・打痕など品…

詳しく見る

17.03.07

ジュース用トマト 生産拡大に向けて助成 JAあづみだより

▲あいさつをする唐澤部会長

▲あいさつをする唐澤部会長

 3月7日、JAあづみジュース用トマト部会は、JA広域営農センターで、ジュース用トマト部会会議を開きました。部会役員とJA職員ら23人が参加し、平成29年度生産販売計画などを確認。マルチ資材への助成などをしながら、面積や販売額の拡大を目指していきます。 唐澤正人部会長は「栽培面積や新規栽培者を増やし、販売計画を達成できるよう努力していきたい」と力を込めていました。 JA営農経済事業部農産課は「取引…

詳しく見る

17.03.07

「玉ねぎ共同乾燥調製施設」利用者向け説明会を開催 JAあづみだより

▲施設の概況や利用方法などを確認する生産者

▲施設の概況や利用方法などを確認する生産者

 JAあづみは、安曇野市豊科のふれあいホールで、「玉ねぎ共同乾燥調製施設」の利用者向け説明会を開き、生産者約60人が施設の概況や利用方法などを確認しました。JA営農経済事業部農産課の上嶋孝主任は「施設の利用者が増えれば、利用料を減らすことも可能となるので、多くの生産者に使ってほしい」と呼び掛けていました。 タマネギ部会の望月伸泰部会長は「施設を利用することで作業の効率化も図れる。部会としても生産量…

詳しく見る

17.03.05

首都圏のモニター参加者 安曇野を満喫 JAあづみだより

▲女性部員蕕剖気錣蠅覆ら焼きりんごケーキを作る親子

▲女性部員蕕剖気錣蠅覆ら焼きりんごケーキを作る親子

 3月5日、JAあづみを中心に安曇野市や農協観光などが連携する「あづみ農業を元気にする活性化プロジェクト」は、JA大型農産物直売所「安曇野スイス村ハイジの里」食育ルームで、親子料理教室を開きました。首都圏からのモニターツアーの参加者8家族24人が、JA女性部員の手ほどきで、リンゴ「シナノゴールド」を使った焼きりんごケーキ作りをしました。 親子料理教室は、同プロジェクトが企画したモニターツアー「冬の…

詳しく見る

17.03.03

玉ねぎ共同乾燥調整施設が完成しました JAあづみだより

▲施工業者から選別機の説明を聞くJA役職員

▲施工業者から選別機の説明を聞くJA役職員

 3月3日、JAあづみはタマネギ生産者の作業負担を減らし、栽培面積の拡大と安曇野産ブランド強化のために、安曇野市豊科高家に「玉ねぎ共同乾燥調製施設」を建設しました。 同施設では、葉と根のカットから乾燥、磨き、選別、荷造りまでを一手に引き受けます。生産者は利用料を払えば、収穫したタマネギを持ち込むだけで出荷ができます。 天日干しなど風乾で2週間以上かかっていた乾燥作業は2日間で終わるため、集中的な荷…

詳しく見る

お知らせ

最近のエントリー
地元の企業 理解深めて
1支所1協同活動  高家ふれあいデー
夏秋イチゴ販売額過去最高の2億5千万円に
平成29年度水稲種もみ配布と育苗講習会
アスパラの種まき始まる
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop