ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“楡”

あんしんの里“楡”

住み慣れた地域で、自分らしく暮らすデイサービス

野菜や花づくりなど季節を肌で感じながら、自分の家にいるように生き活きとすごすことができます。
「いつもと変らない普通の家」そんな温もりのある「おとなりの縁側」を感じさせるデイサービスです。

サービスの内容

送迎サービス/給食サービス/入浴サービス/レクリエーション/健康状態の確認/日常動作訓練/介護サービス

定員:12名
利用日:年中無休(年末年始除く)
利用時間: 9:00〜16:00(延長時間の対応もいたします)

連絡先

JAあづみ あんしんの里“楡”(認知症対応型)
〒399-8102 安曇野市三郷温5798-3
TEL:0263-76-0155
FAX:0263-76-0175

12.07.12

あんしんの里・楡のいちにち(7月)

 梅雨の合間に豊科近代美術館のバラ園に出かけました。色鮮やかな様々なバラの花にかこまれ、優雅なひと時を過ごしました。また、旧暦の端午の節句に合わせて、楡のお風呂を菖蒲湯に変えて無病息災を願いました。頭にショウブの葉を巻きつけて入浴され、ショウブの葉を手で少しもんで香りをたのしみました。 6月に入り色々な山菜の時期になり、一段と手作業の時間が増えました。筍の皮むきやふきの皮むきなど馴れた手つきでこな…

詳しく見る

12.06.12

あんしんの里・楡のいちにち(6月)

 桜の花が咲きそろった晴天の日、楡を利用されている皆さんとお花見に出かけました。一人ひとりの体調や希望を聞きながら、「お花見に行きませんか?」とお誘いすると「花は、待ってくれませんから」との返事が返ってきました。確かに桜の花は散るのが早いので、心に残る名言に職員も関心しました。満開の見事な桜を前に気分もウキウキ。みんなで大きな声で春の歌を歌いお茶で乾杯しました。柏餅を食べながら、桜の花をながめ「花…

詳しく見る

12.05.11

あんしんの里・楡のいちにち(5月)

 毎年恒例であるやしょうま作りをボランティアさんの手を借りてみんなで作りました。熱々の色づけした米粉をみんなで細く伸ばしていきます。「ミミズのような形だ」と冗談を言いながら、せっせと何本も伸ばします。右手の不自由な方も左手を器用に使い伸ばします。棒状に伸ばしたものが、何本もでき「いったい何になるのかねぇ」「やしょうまだよ」「やしょうまには違いないけど、何ができるだい?」「やしょうまだってせ」と、そ…

詳しく見る

福祉活動

最近のエントリー
『あんしんの里 楡のいちにち』(4年2月)
『あんしんの里 楡のいちにち』(3年12月)
『あんしんの里 楡のいちにち』(3年11月)
『あんしんの里 楡のいちにち』(3年10月)
『あんしんの里 楡のいちにち』(3年9月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop