ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“楡”

あんしんの里“楡”

住み慣れた地域で、自分らしく暮らすデイサービス

野菜や花づくりなど季節を肌で感じながら、自分の家にいるように生き活きとすごすことができます。
「いつもと変らない普通の家」そんな温もりのある「おとなりの縁側」を感じさせるデイサービスです。

サービスの内容

送迎サービス/給食サービス/入浴サービス/レクリエーション/健康状態の確認/日常動作訓練/介護サービス

定員:12名
利用日:年中無休(年末年始除く)
利用時間: 9:00〜16:00(延長時間の対応もいたします)

連絡先

JAあづみ あんしんの里“楡”(認知症対応型)
〒399-8102 安曇野市三郷温5798-3
TEL:0263-76-0155
FAX:0263-76-0175

12.03.08

あんしんの里・楡のいちにち(3月)

 「恵比寿 大黒 福の神 豆参り」大きな声が響きます。二月三日の節分の日にあんしんの里「楡」では、毎年恒例の豆まきをしました。 今年は、職員が赤鬼に、男性の利用者さんが青鬼になりました。とてもやさしい笑顔の鬼にむけて大声で「鬼は外、福は内」と豆を投げます。世間では、大豆や落花生をまくところですが、今年は、小袋入りの甘納豆を鬼に向けて投げました。すると、金棒を持った青鬼が、金棒をバットのように持ち豆…

詳しく見る

12.02.13

あんしんの里・楡のいちにち(2月)

 新年を迎えて・あんしんの里”楡”では昔なつかしいお正月の  遊びで楽しみました。「まめったくて、こてされねえじ、うちの嫁」、「あんじゃねえ、よもてえけんども、こんくれは」利用者さんが読み札を大きな声で読みます。なんだが意味不明な呪文のような言葉が並びますが、これは何かと言うと安曇野方言力ルタです。 どのような意味がわからずに頭を抱えていると、利用者さんが解説をしてくれます。「うちの嫁さ…

詳しく見る

12.01.15

あんしんの里・楡のいちにち(1月)

 あんしんの里「楡」で毎年恒例になっているお漬物を漬けました。地域の方から頂いた大根や楡の畑で採れた大根や野沢菜を洗い、利用者さんが漬物桶に漬けこんでいきます。手馴れた手つきできれいに桶にどんどん並べられ、あっという間に作業が終わりました。その一週間後には、さっそくおいしい野沢菜漬けをいただきました。 12月に入ってからクリスマスのリース作りをして、楡の壁にはリースのクリスマスツリーが完成しました…

詳しく見る

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・楡のいちにち(29年9月)
あんしんの里・楡のいちにち(29年8月)
あんしんの里・楡のいちにち(29年7月)
あんしんの里・楡のいちにち(29年6月)
あんしんの里・楡のいちにち(29年5月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop