ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“楡” > あんしんの里・楡のいちにち(27年12月)

あんしんの里“楡”

15.12.19

あんしんの里・楡のいちにち(27年12月)

 いよいよ漬物シーズンを迎え、あんしんの里楡でも利用者さんと一緒に野沢菜と大根漬けを行いました。さすがに慣れた手つきで次々と漬けこんでいきます。会話も弾み「おいしい漬物を食べるのが楽しみ」と話していました。
楡では、新しい取り組みとして地域の方を招いて「新そば祭り」と「リンゴ祭り」行いました。
 「新そば祭り」では、名人が安曇野産の蕎麦粉を使い、利用者さんや参加者らの目の前で蕎麦を打ってくれました。打ち立てのおいしい蕎麦をいただき「ほっぺが落ちる~。」「拾ってあげるで。」など笑いを誘っていました。
 「リンゴ祭」では、リンゴの詰め放題をしました。袋が破れそうなくらい上手に詰め込んでいる人もいて大盛況でした。手作りのリンゴパイやリンゴのケーキ、お赤飯の振る舞い、歌体操などで体を動かしたりと賑やかな一日となりました。

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・楡のいちにち(28年3月)
あんしんの里・楡のいちにち(28年2月)
あんしんの里・楡のいちにち(28年1月)
あんしんの里・楡のいちにち(27年12月)
あんしんの里・楡のいちにち(27年11月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop