ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“楡” > あんしんの里・楡のいちにち(25年10月)

あんしんの里“楡”

13.10.10

あんしんの里・楡のいちにち(25年10月)

 今年も楡の畑では、スイカ作りの名人のボランティアさんや生き活き塾の皆さんのおかげで、甘くておいしいスイカがたくさん採れました。
 ある日の午後に「スイカたたき」をしました。「スイカたたきをしま〜す」の職員の掛け声で目隠しをして始まりました。もっとおいしくなるように、「おいしくなれよ。甘くなれよ」と願いを込めて、紙の棒でスイカをたたきました。そのうちビーチボールも登場して「もっと、右、左、前」などと周りの声に惑わされボールをたたいてしまって笑いを誘っていました。スイカたたきの後は、ほどよく冷えたスイカをたくさん食べて、夏を乗り切ることができました。
 また、三郷中学校の男子生徒3名が、職場体験で訪問し利用者さんと楽しく交流しました。慣れない手つきでリンゴの皮をむいたり、ケーキ作りのお手伝いをしました。利用者の皆さんも目を細めて見守っていました。午後には、蓄音機から流れる昔の曲を一緒に聴きました。男子生徒は、初めて見る機械に興味津々となり、いろいろと質問し、利用者さんは丁寧に答えていました。

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・楡のいちにち(25年11月)
あんしんの里・楡のいちにち(25年10月)
あんしんの里・楡のいちにち(25年9月)
あんしんの里・楡のいちにち(25年8月)
あんしんの里・楡のいちにち(25年7月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop