ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“楡” > あんしんの里・楡のいちにち(12月)

あんしんの里“楡”

10.12.05

あんしんの里・楡のいちにち(12月)

 11月23日、楡の畑で農作物の収穫を感謝する収穫祭が行われました。あんしんや生き活き塾の皆さんと一緒に餅つきをして、畑の前に収穫した白菜やかぼちゃ、さつま芋、柿などの野菜を飾りつけ、花とお酒、鏡餅をお供えしました。
 全員で神事を行い、きなことあんこの餅と野菜たっぷりの豚汁をいただきました。利用者さんたちからは「今年1年畑にお世話になった。スイカ割りもしたね」「久しぶりにつきたてお餅を食べれておいしかった」と思い出を振り返る言葉がありました。
 楡の畑は、隔週で生き活き塾生が実践の場として管理してもらい、1年を通して季節ごとの野菜が豊富です。収獲する野菜は、食材としてなくてはならない大切な存在です。
 地域の方から百匁柿(百匁=375帖砲箸いΔ箸討眤腓な柿をいただき、今年もみんなで干し柿作りを楽しんでいます。食べてみると自然の甘みが口に広がり、お茶のお供に最高です。約350個の干し柿が、楡の縁側の物干し竿にしなるほど並んでいます。
 あんしんの里楡を今年も多くの皆さんに支えて頂き、感謝の気持ちで一杯です。

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・楡のいちにち(12月)
あんしんの里・楡のいちにち(11月)
あんしんの里・楡のいちにち(10月)
あんしんの里・楡のいちにち(9月)
あんしんの里・楡のいちにち(8月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop