ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“楡” > 甘漬けと梅干し作りをしました

あんしんの里“楡”

10.08.10

甘漬けと梅干し作りをしました

 6月下旬、楡の庭にある5本の梅の木から収穫した15圓稜澆斑楼茲諒から譲っていただいた梅を合わせて甘漬けと梅干し作りをしました。
甘漬けは、ヘタを取り除き梅割り器で割って種を取ります。大勢の手で2日間にわたり「梅漬け大会」が行われ、慣れた手つきで和気あいあいとおしゃべりしながらの手作業です。
 2日後、まだしっかり漬かり込んでいない梅漬けを使って朝茶を飲むと「おや、あん時の梅がもう食べれるだね、おいしいなぁ」と皆さん大喜びでした。また、梅干しとして漬けたものは、土用干しして頂きます。
 毎年夏恒例の「うちわ作り」が始まりました。今年は朝顔、金魚、カエルなど5種類の絵柄から好きな柄を選んで、ハサミで切ってうちわの骨に付け障子紙を貼って、すかし模様になるように作りました。柄が両面から見られるよう工夫していると「赤い金魚の他に黒い出目金がいればいいのに」そんな声に早速、出目金も作って貼ってみるととてもいい感じ。朝顔の色も紫やピンク、青色と色を変えて工夫を加えるとオリジナルのうちわが完成します。「私は今年で4本目だよ」と毎年とても楽しみにして頂いています。

 

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・楡のいちにち(12月)
あんしんの里・楡のいちにち(11月)
あんしんの里・楡のいちにち(10月)
あんしんの里・楡のいちにち(9月)
あんしんの里・楡のいちにち(8月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop