ホーム > 福祉活動 > あんしんの里“南穂高” > あんしんの里・南穂高のいちにち(25年8月)

あんしんの里“南穂高”

13.09.10

あんしんの里・南穂高のいちにち(25年8月)

 恒例のうちわ作りを行いました。デイサービスで書いた習字や塗り絵の作品からお気に入りを選び、うちわの骨に貼り付けオリジナルうちわが完成しました。残暑が厳しいので、まだまだ大活躍しそうですね。
 今年の猛暑を乗り切ろうと赤シソでジュースを作り、湯上りや午睡後の水分補給をしています。ほんのり甘くて美味しいと大好評です。また、お風呂には布袋に赤シソを入れて浴槽に浮かべて袋を揉むとシソのさわやかな香りが疲れやストレスを癒してくれます。内から外から元気になりそうです。
 夏休みを利用して地域の小学生、高校生(ずくだせ修行)、看護専門学校生がボランティアに来てくれました。看護学生は血圧を測りバイタルチェックをしたり、小学生は折紙やゲームを一緒に楽しんだり、高校生は炭坑節を踊ったり風船でバルーンアートを作り、利用者さんは大喜びでした。熱心に取り組む姿に感動し涙ぐむ方もいて子供たちからたくさんの元気をもらいました。

福祉活動

最近のエントリー
あんしんの里・南穂高のいちにち(5月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(4月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(3月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(2月)
あんしんの里・南穂高のいちにち(1月)
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop