ホーム > 福祉活動 > くらしの助け合いネットワーク あんしん > あんしん広場 上堀会場(2012年10月)

くらしの助け合いネットワーク あんしん

12.10.11

あんしん広場 上堀会場(2012年10月)

お世話係                                                                      佐藤弘子 山口民子 中野みさを                                          宇留賀八千子 大屋まさ子 北原ひろ江

  この日は、“あんしん”の活動を取材するため、「家の光」から2名の方が来ました。取材ということで皆さん表情が固くなっていましたが、「ふるさと」や「虫の声」などの秋の歌をキーボードやオカリナ・ハーモニカ・三板(沖縄楽器)などに合わせて歌うと、心が一つになり楽しい雰囲気になってきました。
 今回は、初めて「心身機能活性療法指導士の会」のメンバーが駈けつけてくれました。この会は、生き活き塾から昨年立ち上がり、心と体の健康づくりを目指し、『フィンガースポーツ』や『フラハンド』といった運動機器を使用しながら手足のツボを刺激したり、有酸素運動をしています。会の代表の小笠原陽子さんから「声を出すことも脳を活性化させます。皆さんで大きい声で数を数えましょう!」と声が掛かると「1、2、3・・・」と皆さんで元気よく体操をして、清々しい汗を流しました。
 最後には全員で「ハイポーズ!」と愛嬌いっぱいの笑顔で記念撮影をし、「皆と会ってこうやって楽しめることは幸せ。今日も来てよかった。」と皆さんとても楽しんでいました。
 この取材の内容については、家の光11月号に掲載の予定です。

 

福祉活動

最近のエントリー
かまどおにぎりを振り舞いました
地域における包括システムや認知症の現状について学びました
『五づくり畑研修会』を開催しました
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 3月
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 2月
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop