ホーム > 福祉活動 > くらしの助け合いネットワーク あんしん > あんしん広場 奈川会場(2012年7月)

くらしの助け合いネットワーク あんしん

12.07.12

あんしん広場 奈川会場(2012年7月)

お世話係り 忠地りょう

 「奈川里山農作業あんしん広場」は農作業を通じて男性の健康づくりの取り組みとして活動をしています。
 午前中は、晴れ空の下、奈川小中学校学有林で栗・胡桃の下草刈りをしたり、枯れた胡桃の木を栗の木に植え直しもしました。標高の高い過酷な環境の中ですが実が付くことを祈りながら心地よい汗を流しました。
 また、お世話係りの忠地さんがふきや山ウド、こごみ、みずなど地元の山菜をふんだんに使った「ウド汁」や「炊き込みご飯」を作って待っていて作業の疲れを癒す昼食。「このご馳走はここに来ないと食べれない。最高のごちそうだね。」と忠地さんの山菜料理に皆さんご満悦の様子でした。参加者の青柳邦栄さんや一志豊さんからは、「また来年も来たいね。」「ちゃんと誘ってくれや。」と一言。
 また、農林年金受給者連盟代表の重野充男さんは、「爐△鵑靴鵝蹐地域に拡がり展開していくことを目指し、お互いに協力していきましょう。」と頼もしいお言葉を頂きました。毎年重ねる事で参加者の「絆」が深まり、栗・胡桃が大きく育つように「あんしん広場」の輪も大きくなると思います。

福祉活動

最近のエントリー
かまどおにぎりを振り舞いました
地域における包括システムや認知症の現状について学びました
『五づくり畑研修会』を開催しました
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 3月
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 2月
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop