ホーム > 福祉活動 > くらしの助け合いネットワーク あんしん > あんしん広場 上長尾会場(2012年3月)

くらしの助け合いネットワーク あんしん

12.03.08

あんしん広場 上長尾会場(2012年3月)

 お世話係り 二木多賀子・中村つるゑ・鶴見和子

 お世話係りの二木多賀子さんが「寒い時期だから風邪を引かないように体を温めてね」との思いを込めて爐佑貝瓩魍Г気鵑縫廛譽璽鵐箸靴泙靴拭「昔は羽織を縫ったもんせ、衿ぐりが難しいが上手に出来たわね」と手に取りながら、とても素敵な、爐佑貝瓩乏Г気鵑牢郷瓦靴泙靴拭C紊道纏をする姿が、猫に似ているからついた爐佑貝瓩箸いμ松里離戰好箸任后4┐ぬ攸獣亙が発祥で、冬の仕事をする時に背中の寒さをカバーする事で過ごしやすくなるようにできた先人の知恵から生まれたものです。 皆さんがそれを着て、仕事をしている姿は本当に猫の様にかわいいです。
 今年は例年になく寒い日が続いて背が丸くなるけれど、これを着ていれば身動きも楽だしあったかい。ちょっと背筋も伸びますね。
 風邪も流行っているから風邪予防もしようと、今回のあんしん広場のお茶菓子は「ネギの天ぷら」にしました。ネギを長めに切って天ぷら粉で揚げたものがお茶菓子となりました。「ネギだけでこんなにおいしくなるだね」「簡単でいいねー。気付かなかった」と皆さんびっくりです。「あんしん広場に来なけりゃ、こんな良い一日は過ごせなかったいね」、また来月も元気出して来れるように、今日も一日頑張りたいですね。

福祉活動

最近のエントリー
かまどおにぎりを振り舞いました
地域における包括システムや認知症の現状について学びました
『五づくり畑研修会』を開催しました
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 3月
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 2月
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop