ホーム > 福祉活動 > くらしの助け合いネットワーク あんしん > 烏川倉田会場(2011年3月)

くらしの助け合いネットワーク あんしん

11.03.12

烏川倉田会場(2011年3月)

公民館の扉をあけるといい匂い………「これはお好み焼きを焼く匂いだ!」お世話係の丸山光子さんが、NHKの朝ドラ「てっぱん」を見て皆で食べてみようと思いついたそうです。「今日はお好み焼きあんしん広場なの」と公民館はお好み焼き屋もどきになっています。
 皆でホットプレートを持参。そして焼き始めたのはいいのですが、ブレーカーが落ちたのか、電気が使えなくなってしまい、急きょ望月区長出動!無事修理も終えて、焼きあがった”お好み焼きに”ソースをぬって鰹節を掛けるとテレビのドラマの様に鰹節がフワフワと踊ります。「お好み焼きは久しぶり、作ろうと思ってもなかなか家では作らないわねー」と言いながらうれしくおいしく食べている顔・顔・顔……しあわせ。 いい匂いの中に幸せがいっぱいあふれたお茶飲み会でした。

福祉活動

最近のエントリー
かまどおにぎりを振り舞いました
地域における包括システムや認知症の現状について学びました
『五づくり畑研修会』を開催しました
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 3月
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 2月
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop