ホーム > 福祉活動 > くらしの助け合いネットワーク あんしん > 烏川 倉田会場

くらしの助け合いネットワーク あんしん

11.01.12

烏川 倉田会場

寄り合い所 あんしん広場
烏川 倉田会場

お世話係 丸山光子・青木マリ子・丸山つね子丸山里子・丸山久子・中村璋江片桐幸子

 「いきいき問診」は今年で4年目。今日は結果報告会です。「さあ封筒を開けてみて下さい。昨年と比べて自分の身体機能に変化はありましたか?丸印はいくつありますか?今、気になる所はどこですか?」と自分の体の機能を確認することになりました。そんな中で、運動機能の低下・口腔機能の低下が認められる方もいます。そこで、安曇総合病院の堤保健師から、口腔機能が低下してきていると色々の弊害が出てくることや、いつまでもおいしく食べることについては、お口の手当が大切なこと。口の体操を続ける事で口腔機能の低下を防げることをお聞きしました。
 そして、「パ・夕・カ・ラ」と発音することで、お口の体操が出来ると皆さんと一緒に発音してみたり、「お正月」の歌を「パーパーパパパパ」と歌ってみました。更に、食べることが困難になってきたときや、栄養が上手に摂れなくなってきたときに使う、とろみ剤や栄養補助食吊を試食しました。食べやすく改良されていて「これはおいしいね」との声もありましたが、やっぱり自分の口で食事をすることが一番」と再確認する機会にもなりました。来月は8周年記念。「これから体操」に力が入ります。

福祉活動

最近のエントリー
かまどおにぎりを振り舞いました
地域における包括システムや認知症の現状について学びました
『五づくり畑研修会』を開催しました
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 3月
JAあづみくらしの助け合いネットワーク “あんしん” 2月
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop