ホーム > あづみ野めぐり > あづみ野地域マップ > 自然 > 梓水神社・大池

梓水神社・大池

水神の鎮座する信仰の地 − 松本市安曇「梓水神社・大池」

松本市安曇大野川地区に「梓水神社」がある。「梓川神社」がこの「梓水神社」であるかどうかは、いまだに確かな証はないが、いずれにしても梓川の源流の地域に鎮座するこの神社が、前宮か奥社であったことには間違いないとされている。

今からおよそ1100年前にあたる平安時代の貞観9年(867年)にこの神社は従五位下という位を朝廷から授かったとの実録が記されている。

また、神社の境内の一帯にある大地は、「ここの水をもらって散布すると、よく作物ができる」といわれたり、雨乞い祭りが行われるなど、水にかかわる一種の信仰の地とされている。

この池には乗鞍権現の竜神が住むといわれ、池の水をけがすことが禁じられている。竜の頭は乗鞍岳の権現池にあって、胴はこの池、尾は諏訪湖にあるとの言い伝えがある。

梓水神社・大池
  • 梓水神社・大池

pagetop