ホーム > あづみ野めぐり > あづみ野地域マップ > 自然 > 三本滝

三本滝

清流と涼風の別天地 県の名勝―「三本滝」

松本市安曇乗鞍岳山麓の小大野川「三大滝」のひとつ「三本滝」は、乗鞍高原かもしか平北にある。

この「三本滝」は、小大野川本沢(中央)と支流の黒い沢(北)、無名沢(南)にかかる三つの滝の総称。いずれも落差約50mある大滝で、本流の滝は特に見応えがあり、落差200mの間に数段の滝を形成している。

また、乗鞍岳は信仰の山として知られ、三本滝に於いても「滝は神の降り立つ場所」として修験者たちが滝に打たれ、みそぎをした場所ともいわれ、三本滝を望む中央の岩には「不動明王」と「摩利支天」の石仏が祀られていたと伝えられている。

長野県には、古来78ヶ所の名滝が知られているが、その美しさから昭和56年県の名勝として指定されたほか、日本の滝百選の指定も受けている。

乗鞍大滝には下流から番所大滝、善五郎の滝、三本滝がある。

三本滝
  • 三本滝

MAP


pagetop