ホーム > あづみ野めぐり > あづみ野地域マップ > 歴史・文化 > 上野初庚申

上野初庚申

一年の無病息災、商売繁盛祈願
梓川上野― 「初 庚 申」


松本市梓川上野にある真光寺では毎年、青面(しょうめん)金剛像を安置する庚申堂で大般若法要を営む「初庚申」が行われている。

本庚申はその年で一番早い暦上の庚申の日に行われ、1月から2月の間が多い。
大般若法要では住職と僧侶が般若経を唱えながら手を合わせた。

また、檀信徒と呼ばれる人たちが福だるまに願いを込めて家内安全、五穀豊穣などと筆をいれていた。

地元はもとより県内外から祈願に多くの人々が訪れ、露店とともに賑わいをみせ初春を彩る。

上野初庚申
  • 大般若法要では経典が次々と唱えられた。(平成13年2月26日)

    大般若法要では経典が次々と唱えられた。(平成13年2月26日)

MAP


pagetop