ホーム > あづみ野めぐり > あづみ野地域マップ > 歴史・文化 > 等々力家

等々力家

江戸時代松本藩主の御本陣
安曇野市有形文化財指定「等々力家」


安曇野市穂高にあり、市の有形文化財に指定されている「等々力家」。
室町時代には仁科氏に仕えられた東龍寺の開基、また江戸時代には松本藩主の御本陣として鮭鴨猟の際の休憩所に使われていた。

外観は、長屋門の屋敷構え。本屋の奥には殿様座敷などがあり、屋敷とともに当時の雰囲気が肌で感じられる。

庭は京都から庭師を依頼して手が加えられた桃山時代中期の流れを汲む江戸時代中期のものといわれている。

等々力家
  • 屋敷構えは長屋門。安曇野めぐりのひとつとして多くの観光客が訪れている。

    屋敷構えは長屋門。安曇野めぐりのひとつとして多くの観光客が訪れている。

MAP


pagetop