ホーム > あづみ野めぐり > あづみ野地域マップ > 歴史・文化 > 曽根原家住宅

曽根原家住宅

平面構造の江戸時代初期建造物 国重要文化財 ― 「曽根原家住宅」

安曇野市穂高有明新屋地区にある歴史深い建造物「曽根原家住宅」。当家はもと仁科氏の一党で、牧の荒神堂下にあったうつぼ木城付近にあった南原村に居り、江戸時代初期、新屋地区に移住したと伝えられ代々庄屋を勤めている。

建物は間口九間、奥行八間の平入板屋葺となっており、近世初頭の板屋平入りの庄屋宅としては極めて珍しく、その歴史とともに国重要文化財に指定されている。

曽根原家住宅
  • 曽根原家住宅

MAP


pagetop