ホーム > 組織活動 > 女性部

女性部

組織について

JAあづみ女性部は、食料自給率の向上を目指し、農産物加工や食農体験などの地産地消・食育活動を活動基本とし、「食」と「農」の大切さや地域に伝わる伝統食の素晴らしさなどを地域住民や消費者に伝えながら、地域や部員間の交流を図っています。
『地域に根ざしたJA女性部を目指し、魅力的で楽しい活動を展開する』を今後の目指すべき姿とし、部員の資質向上と地域、農業の振興を目指していきます。

規模・構成

名 称 あづみ農業協同組合女性部(JAあづみ女性部) 支 部 15支部
代表者 部長 武田 智恵子 専門部 組織専門委員会、生活専門委員会、食育委員会
盟友数 460人(本部役員20名)    

活動内容

組織専門委員会では、女性部への加入促進と仲間づくり運動をはじめ、女性の正組合員化とJAに対する積極的な提言活動を行っているほか、他団体と連携した地域活動に積極的に参加しています。
組織・商品研修会(リーダー研修会)・懇談会・女性部旅行の実施。生活専門委員会は、家の光を活用した料理講習会の開催、掲載記事の普及活用に努めています。
食育委員会は、次世代を担う子ども達に料理体験の喜びを感じてもらう活動を行っています。
この他、1年間の支部活動を発表する「女性部フェスティバル」や部員間の交流を目的とした「女性部旅行」なども実施し、地域の活性化につなげています。

11.04.20

東日本大震災の被災地へ合計18万9千175円の義援金 活動報告

 女性部では、4月9日・10日に開催されたJAあづみ農業生産応援セール(第32回さくら祭り)で恒例のバザーを開き、今年も大勢の方にお買い物をして頂きました。そして、3月31日に行ったリーダー研修会での募金と合わせて、バザーの売上金全額及び漬物センターの店頭募金の合計18万9千175円を、東日本大震災の被災地支援の義援金としてJAに提供しました。集まった義援金は関係機関を通じて被災地支援に役立てられ…

詳しく見る

11.03.21

女性部組織活動の活性化を目指し 活動報告

 女性部は3月16日、安曇野スイス村サンモリッツで第46回通常総会を開催しました。会場には、各支部の役員や関係者など約80名が集まり、これまでの活動を振り返りました。 女性部は22年度より「私たちの3ヶ年プラン」とした方針を打ち立てました。その中では、?もっと豊かにいきいきと食と農とくらしを育む活動?みんなとつながる多彩で楽しい学習文化活動?地域に輝くJAづくりに取り組む女性部活動という3つのテー…

詳しく見る

11.02.10

一年間の活動を発表〜女性部フェスティバル開催〜 活動報告

 女性部は、1年間の支部活動を発表・紹介する「女性部フェスティバル」を1月29日、安曇野スイス村サンモリッツ(安曇野市豊科南穂高)で開催し、約200名の部員が参加しました。 会場には、支部活動で作ったエコバックや手芸品が展示されたほか、加工品・自家生産農産物などの販売も行われました。 4支部の活動発表では、それぞれの支部活動で実践している事例や旅行の様子などを、スライドと楽しい話を交えながら発表し…

詳しく見る

10.12.15

組織の活性化を目指して 活動報告

 女性部は12月14日、組織基盤の更なる強化とJA運営・事業に対して日頃感じている意見・要望を提案する「常勤理事・事業部長との懇談会」を安曇野市三郷のファインビュー室山で開催しました。 当日は、女性部役員やJAの常勤理事ら約30名が出席し、今後のより良いJAづくりへの足がかりとするべく積極的な懇談を行いました。…

詳しく見る

10.11.22

地域を挙げて特産化を〜女性部西穂高支部 牧大根祭り〜 活動報告

 信州の伝統野菜『牧大根』が収穫期を迎えたのに合わせて、女性部西穂高支部は11月14日、『牧大根祭り』を北部低温倉庫敷地内で開催しました。当日は、開場前より来場者が長蛇の列を作り、準備した約16,000本の大根は販売開始1時間で全て完売しました。 今年度は、牧大根を地域の特産品にしていこうと安曇野市営農支援センターからの協力を受け、販売日も14日に統一し、JAの会場を含めた合計3会場で同時開催とす…

詳しく見る

組織活動

最近のエントリー
安曇野の「旬の野菜」を銀座で紹介しました
恒例のイベント「苗まつり」開催
女性部リーダー研修
第52回通常総会
カテゴリ別に見る
活動報告
トパーズ
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop