ホーム > 組織活動 > 女性部

女性部

組織について

JAあづみ女性部は、食料自給率の向上を目指し、農産物加工や食農体験などの地産地消・食育活動を活動基本とし、「食」と「農」の大切さや地域に伝わる伝統食の素晴らしさなどを地域住民や消費者に伝えながら、地域や部員間の交流を図っています。
『地域に根ざしたJA女性部を目指し、魅力的で楽しい活動を展開する』を今後の目指すべき姿とし、部員の資質向上と地域、農業の振興を目指していきます。

規模・構成

名 称 あづみ農業協同組合女性部(JAあづみ女性部) 支 部 15支部
代表者 部長 武田 智恵子 専門部 組織専門委員会、生活専門委員会、食育委員会
盟友数 460人(本部役員20名)    

活動内容

組織専門委員会では、女性部への加入促進と仲間づくり運動をはじめ、女性の正組合員化とJAに対する積極的な提言活動を行っているほか、他団体と連携した地域活動に積極的に参加しています。
組織・商品研修会(リーダー研修会)・懇談会・女性部旅行の実施。生活専門委員会は、家の光を活用した料理講習会の開催、掲載記事の普及活用に努めています。
食育委員会は、次世代を担う子ども達に料理体験の喜びを感じてもらう活動を行っています。
この他、1年間の支部活動を発表する「女性部フェスティバル」や部員間の交流を目的とした「女性部旅行」なども実施し、地域の活性化につなげています。

15.03.25

女性部通常総会 活動報告

▲あいさつをする北澤部長

▲あいさつをする北澤部長

  青壮年部(3月17日)と女性部(3月24日)は、役員や各支部代表者、JA役職員らが出席して、第50回通常総会をそれぞれ開きました。 平成27年度の活動方計画として青壮年部は、JAあづみアグリサポート事業等と連携しながら「食」と「農」の魅力を次世代へと繋げる食農教育活動の展開などを行うこととし、女性部は「食の安心・安全」を基軸とし、地域住民とともに食農活動を展開することや営農…

詳しく見る

14.05.20

家庭菜園と地産地消の拡大を目指して 活動報告

▲野菜苗を購入する来場者

▲野菜苗を購入する来場者

 JAあづみ女性部食育委員会は、安曇野市堀金のJAそ菜特産流通センターの駐車場で「苗まつり」を開きました。苗まつりは、部員が自宅で栽培して余っている野菜の苗を持ち寄ることで、家庭菜園の充実を図り、地産地消の拡大につなげるという目的で毎年開いており、今年で15年目を迎えました。  9台の軽トラックが会場に並び、オレンジ色の帽子を被った部員がナスやカボチャ、トマトなど約20種類の野菜苗の他に…

詳しく見る

14.05.15

トパーズ開校式 トパーズ

▲トパーズ参加メンバー

▲トパーズ参加メンバー

  5月13日、JAあづみフレッシュセミナー「トパーズ」は、安曇野市堀金のJA烏川支所でトパーズ開講式を行いました。 「トパーズ」はJA管内に住んでいる女性なら誰でも参加可能で、11回のセミナーを通じてJAの事業や取り組みを理解してもらうのが目的です。 この日は、10人の参加者が楽しみながら桜餅といちご大福を作りました。…

詳しく見る

14.03.23

仲間づくりに力、食農活動を展開 活動報告

▲あいさつする嶺山部長

▲あいさつする嶺山部長

  3月19日、JAあづみ女性部は安曇野市堀金の烏川支所で第49回通常総会を開き、部員やJA役職員ら95人が出席しました。 平成26年度の活動計画として、仲間づくりに力を入れ充実した食農活動を展開していくことなど、6つの重点方針を確認しました。また、役員を改選し、部長に北澤敏子さん、副部長に黒岩喜美さんと武田智惠子さんを選びました。 開会に先立ち嶺山治子部長は「女性同士の和を大切に、楽しく活力ある…

詳しく見る

14.03.15

JAあづみトパーズ閉講式 トパーズ

▲第3期トパーズメンバーとJA職員

▲第3期トパーズメンバーとJA職員

   3月10日、JAあづみフレッシュセミナー「トパーズ」は、安曇野市堀金のJA烏川支所で第3期トパーズ閉講式を行い、活動を振り返りました。 これまでのセミナーでは、メンバー32人が米貯蔵施設などJA施設の見学ツアーや園芸教室、料理講習などを行いました。 会長の猿田弥栄子さんは「若い女性が参加できる組織になってきた。地域伝統食作りなど充実した活動ができた」と評価しました。 参加…

詳しく見る

組織活動

最近のエントリー
安曇野の「旬の野菜」を銀座で紹介しました
恒例のイベント「苗まつり」開催
女性部リーダー研修
第52回通常総会
カテゴリ別に見る
活動報告
トパーズ
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop