ホーム > 組織活動 > 女性部 > 『女性部理事と食育委員の視察研修 家庭ごみを考えよう』

女性部

22.08.24

『女性部理事と食育委員の視察研修 家庭ごみを考えよう』 活動報告

▲ごみ収集車の受入場を見学する参加者ら

 安曇野市の穂高クリーンセンターごみ処理施設を初めて見学しました。同部理事や食育委員、JA職員ら約20人が参加し、家庭や事業所から出た可燃ごみを安全に適正に処理する過程を学びました。今後、SDGs(持続可能な開発目標)を意識した組織活動に生かしていきます。

 部員らは、施設を紹介するビデオを見た後、収集車によって運び込まれた可燃ごみをクレーンがごみを貯めておくごみピットに移すまでの流れを見学。

 同施設は安曇野市や池田町、松川村など1市1町4村で構成する穂高広域施設組合が運営しています。建物は3500屐地上6階建て。一日あたり120鼎硫椎海瓦澆鮠撞僂任、24時間連続稼働が可能。ごみ焼却時に発生する熱を活用して発電できる設備も備えています。発電機の最大出力は3000キロワットで、一日発電を続けると約6000世帯分の電力を賄えるといい、同規模施設の中ではトップクラスとなる発電効率21.6%を実現。

 黒岩美知子部長は施設見学を通じて「ダイオキシンに配慮した焼却方法や24時間稼働を可能にする管理システムなどを学び、この施設のありがたさを感じた。なるべくごみを出さない生活を心掛けたい」と話しました。

 担当者は「地域のみなさんが安心して暮らせるよう、今後も正しくごみを処理していきたい」と意気込みました。

組織活動

最近のエントリー
『吉蔵ねぎ収穫 甘くてシャキシャキ
『女性部理事と食育委員の視察研修 家庭ごみを考えよう』
初の『農産物直売会』 支部員らが企画
『2年ぶり女性部親睦旅行』
カテゴリ別に見る
活動報告
フレッシュミズ
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop