ホーム > 組織活動 > 女性部 > 『信州の伝統野菜「牧大根」 次世代へ』

女性部

21.09.01

『信州の伝統野菜「牧大根」 次世代へ』

▲専用機で種をまくメンバー

 県の「信州の伝統野菜」に認定されている「牧大根」(信州地大根)の普及に取り組むJAあづみ女性部西穂高支部の牧大根プロジェクト(降籏房子代表)は8月31日、安曇野市穂高牧の畑で「牧大根」の種まきをしました。

 メンバーやJA理事ら約20人が集まり、交代で手押しのロール式種まき機「ごんべえ」を使い、地元農家から借りた23討糧に種をまきました。

 同支部は、明治時代から地域で親しまれてきた「牧大根」を次世代に伝えようと2006年、同プロジェクトを立ち上げ、今年で16年目の取り組みとなります。種子は地元で採種されたものを使用します。
 種をまいてから1週間ほどで芽生え、9月中旬に間引き良い株を1本残します。11月中旬に収穫を予定しており、約8000本の収穫を目指しています。

 収穫した牧大根は、同プロジェクトの6次化商品の漬物「うんめぇ漬け」に加工し、大型農産物直売所「安曇野スイス村ハイジの里」や「ファミリーマートJAあづみ烏川店」で販売する予定です。

 代表の降籏房子さんは「メンバーの高齢化や近年の異常気象により作業は大変だが、毎年楽しみにしてくれているファンのために作り続けていきたい」と意気みました。

組織活動

最近のエントリー
『2年ぶり女性部親睦旅行』
『女性部と常勤役員が懇談 女性の声を事業に生かして』
『信州の伝統野菜「牧大根」 次世代へ』
『ゴミ拾いで地域を綺麗に 部員らで協力』
カテゴリ別に見る
活動報告
フレッシュミズ
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop