ホーム > 組織活動 > 女性部 > 宝船で迎春

女性部

12.12.28

宝船で迎春 活動報告

 女性部有明支部のメンバーが、正月の縁起物として玄関や神棚に飾る宝船を作りました。有明支所に隣接する「有明新鮮市」に10人が集まり、わらを1本1本編んで作業を進めました。
 金銀財宝を積み、めでたいとされる宝船は、俵の部分の製作が特に難しく、完成までに2、3日かかります。わらは地元の農家から分けてもらいました。
 指導した支部員の荒芝睦子さんは「私も近所の人から宝船や猫つぐらの作り方を教えてもらいました。縁起物なので飾ってもらえればうれしい」と話しました。
 作った宝船は12月22、25日の午前9時〜正午に、しめ縄飾りと合わせて同市で販売されました。

組織活動

最近のエントリー
『2年ぶり女性部親睦旅行』
『女性部と常勤役員が懇談 女性の声を事業に生かして』
『信州の伝統野菜「牧大根」 次世代へ』
『ゴミ拾いで地域を綺麗に 部員らで協力』
カテゴリ別に見る
活動報告
フレッシュミズ
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop