ホーム > 組織活動 > 青壮年部 > 農業体験「ふれあい農園」がスタート!!

青壮年部

17.05.17

農業体験「ふれあい農園」がスタート!! ふれあい農園

▲あいさつをする長専務

▲あいさつをする細萱青壮年部長

▲ふれあい農園の参加者

 5月13日、JAあづみ青壮年部と女性部、農政協議会、コープながのが協力して開く「ふれあい農園」がスタートしました。農産物を育て、生産者と消費者が収穫の喜びと農業の楽しさ、苦労を分かち合うのが目的で、安曇野市堀金烏川の約30討糧を活用し、来年2月まで隔週土曜日に活動します。
 今年で23年目となった「ふれあい農園」は、27家族75人の参加申し込みをいただき、12家族がリピーター(再来訪問者)という人気の企画です。
 この日は、JA広域営農センターで説明会を開き、JAの長作夫代表理事専務理事は「農業と食、命の大切さなどを農園で体験していただければうれしい。JAは食の安全安心や地産地消を掲げ、食農教育に力を入れている」と述べ、青壮年部の細萱敦史部長は「生産者である青壮年部や女性部員らと一緒に農作業をすることで、少しでも農業について興味や理解を深めていただければ」とあいさつしました。
 説明会後に野菜の苗など植える予定でしたが、あいにくの雨で作業が中止となり、初回は顔合わせのみとなりました。
 年間を通して25品目以上を育てる予定で、5月19日に参加できる家族が女性部員と一緒にナスやピーマン、カボチャ、ミニトマトなどの野菜苗を植えました。

組織活動

最近のエントリー
婚活イベントin信州安曇野2018 〜お見合い大作戦〜
農業体験「ふれあい農園」がスタート!!
第52回通常総会
手づくり看板・かかし制作コンクール
JA常勤理事、室・事業部長との懇談会
カテゴリ別に見る
ふれあい農園
活動報告
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop