ホーム > お知らせ > JAあづみだより

お知らせ

18.12.21

「うんめえ漬け」、今年も待望の発売 [JAあづみだより]

▲しょうゆ漬けを袋に詰めるメンバー

▲しょうゆ漬けを袋に詰めるメンバー

 安曇野市穂高牧特産の伝統野菜「牧大根」や、赤カブを原料にした漬物「安曇野うんめえ漬け」が今年も12月22日に発売されます。 JAあづみの農産物直売所などに並び、1カ月ほどで完売する人気商品になっています。 しょうゆ漬けと赤カブの甘酢漬けを先行販売し、来年1月下旬にぬか漬け、かす漬けを販売する予定で、作るのはJAあづみ女性部西穂高支部の「牧大根プロジェクト」です。 17日には、JA西穂高支所の加工…

詳しく見る

18.12.21

サンタの登場に大喜び JAあづみこどもくらぶクリスマス会 [JAあづみだより]

▲サンタクロースからプレゼントをもらう子供たち

▲サンタクロースからプレゼントをもらう子供たち

 12月20日、乳幼児の保護者を対象に実施している子育て支援サークル「JAあづみこどもくらぶ」のクリスマス会を安曇野市豊科の安曇野スイス村サンモリッツで開きました。 50組120人の親子が参加し、読み聞かせやサンタクロースとの触れ合いを楽しみました。 市内で活動するボランティアサークル「おはなしムーン」が紙芝居の読み聞かせを披露し、クリスマスソングを全員で歌いました。 サンタとの記念撮影や、サンタ…

詳しく見る

18.12.20

正月準備大忙し [JAあづみだより]

▲門松を作る人材センターのメンバー

▲門松を作る人材センターのメンバー

 安曇野市で、正月に向けた門松と松飾り作りが最盛期を迎えています。 安曇野シルバー人材センターは、安曇野市豊科のJAあづみ高家ライスセンターの倉庫で、新春を彩る門松と松飾りを制作しています。 60〜80代のメンバー9人が、28日までに高さ70〜150センチの3種類の門松200基と高さ50センチの松飾り90個を作ります。 20年前から始め、地元の企業を中心に固定客が多いとのことで、門松や松飾りは県内…

詳しく見る

18.12.13

笑顔で福を呼び込む 女性部正月飾り制作 [JAあづみだより]

▲正月飾り作りに励むメンバー

▲正月飾り作りに励むメンバー

 JA女性部有明支部の有志でつくる「縄の会」は、安曇野市穂高のJA有明支所に隣接する旧生活センターで、年末恒例の正月飾りの制作をしました。 12月22、25の両日、同センターで「有明新鮮市」を開き、ごぼう、うちわなど7種類の正月飾りを販売します。 12月11日にメンバー5人が集まり、心を込めて丁寧にしめ縄を作りました。わらを編む係、飾りを付ける係など得意分野に分かれて熟練の技を集結し、手慣れた手つ…

詳しく見る

18.12.11

南農高生がJA女性部から漬物作りを学ぶ [JAあづみだより]

▲酒井部長(右)に切り方を教わる生徒

▲酒井部長(右)に切り方を教わる生徒

 12月4日、南安曇農業高校の生物工学科微生物バイオテクノロジーコースの2年生9人が、安曇野市豊科の校内でJA女性部から漬物作りを学びました。 酒井重子部長ら3人が講師となり、野沢菜のしょうゆ漬けと牧大根のぬか漬けの仕込み作業をしました。 生徒たちは、校内の畑で自ら育てた野沢菜と牧大根を使い、野沢菜はきれいに洗って4センチずつに切り分け、しょうゆや酢、ザラメなどを一緒にたるに詰めました。 牧大根は…

詳しく見る

お知らせ

最近のエントリー
葬儀・法事 事前相談会の開催のお知らせ
相続の基本や遺言の書き方を学ぶ
3JAがストック八重鑑別講習会を開催
夏秋いちご保冷施設増設
「安曇野うんめえ漬け」販売
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop