ホーム > お知らせ > JAあづみだより

お知らせ

13.01.29

リンゴ「ピンクレディー」出荷 [JAあづみだより]

 当JAは1月23日から、リンゴ晩生種「ピンクレディー」の出荷を始めました。   安曇野市三郷のJAあづみ温選果所では、農家とJA職員ら10人がリンゴを4種類の大きさに分け、専用のピンク色の段ボール箱に詰めて出荷しました。 今季は昨季より400ケース(1ケース5?)多い、計1200ケースの出荷を見込んでいます。主に東京の市場に2月中旬まで出荷する予定です。 「ピンクレディー」は、オースト…

詳しく見る

12.12.28

宝船で迎春 [JAあづみだより]

 女性部有明支部のメンバーが、正月の縁起物として玄関や神棚に飾る宝船を作りました。有明支所に隣接する「有明新鮮市」に10人が集まり、わらを1本1本編んで作業を進めました。 金銀財宝を積み、めでたいとされる宝船は、俵の部分の製作が特に難しく、完成までに2、3日かかります。わらは地元の農家から分けてもらいました。 指導した支部員の荒芝睦子さんは「私も近所の人から宝船や猫つぐらの作り方を教えてもらいまし…

詳しく見る

12.12.25

育児サークル 親子で交流会 [JAあづみだより]

 当JAが主催する妊婦と乳幼児の母親を対象とした育児サークル「アンパンマンこどもくらぶ」は12月21日、豊科南穂高の安曇野スイス村サンモリッツでクリスマス会を開きました。 約50組の親子が参加し、当JAの職員3人がサンタクロースに扮し、子どもたちに菓子などのプレゼントを手渡しました。 安曇野市内で活動するボランティアサークルの紙芝居会や「きよしこの夜」などのクリスマスソングを全員で合唱して、親子で…

詳しく見る

12.12.10

野菜で避難者支援、地域住民と交流も [JAあづみだより]

 JAあづみ女性部と農村女性ネットワークながの安曇野支部、農村生活マイスター安曇野支部の部員らは7月から12月上旬まで、東日本大震災で被災して松本市と安曇野市に避難している家族に農作物を無償で提供しました。 両市が把握している避難家族は約50世帯の160人ほどで、このうち35世帯が利用し、地元住民や避難者同士の交流の場になりました。 部員らは、堀金のJA烏川支所を会場に週1回(10月からは隔週)、…

詳しく見る

12.12.03

リンゴ高品質 市場でPR [JAあづみだより]

 りんご部会は11月21日と22日に、特選サンふじ販売会を東京都中央卸売市場大田市場の卸売会社、東京青果で開きました。 仲卸業者らを審査員にした品評会も行い、安曇野産リンゴの品質の高さをアピールしました。 国内最大級の青果卸で品評会と販売会を行い、生産農家の意欲向上につなげようと、当JAが提案・企画して初めて行われました。 品評会は22点を事前審査しましたが、評価が決まらず、試食後のせりで評価を決…

詳しく見る

お知らせ

最近のエントリー
新米の初検査が始まりました
安曇野スイス村ハイジの里 レジ通過者80万人達成!!
葬儀・法事 事前相談会の開催のお知らせ
相続の基本や遺言の書き方を学ぶ
3JAがストック八重鑑別講習会を開催
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop