ホーム > お知らせ > JAあづみだより

お知らせ

13.07.20

減収深刻 障害果販売に市場の協力を求める [JAあづみだより]

 7月18日、当JAは果実中央選果所で、全国13市場の関係者を招いて凍霜害現地報告会議を開きました。 リンゴ「ふじ」や「つがる」で1割以上に表面のしみである「サビ」が発生し、リンゴ全体の出荷量は昨年度より約5万ケース(1ケース10?)少ない70万ケースとなる見込みです。 また、ナシと桃の出荷量もそれぞれ約2割減で減収が避けられない中、障害果販売に市場の協力を求めました。 会議に先立ち、管内のリンゴ…

詳しく見る

13.07.13

ヒマワリ目揃い会 [JAあづみだより]

 当JAは7月10日、そ菜特産流通センターでヒマワリ出荷目揃い会を開きました。 生産者約20人が参加し、営農指導員から荷造りや階級、選花基準などの規格について説明を聞き、認識を統一しました。 主力品種は「サンリッチオレンジ」と「サンリッチレモン」。 県内一の出荷量で、栽培する農家が年々増えています。 花き専門委員長の上条秀夫さんは「生産者の品質が統一されるよう、出荷規格の確認をしてほしい」と呼び掛…

詳しく見る

13.06.21

夏秋イチゴの魅力発信 〜テレビ番組で紹介されました〜 [JAあづみだより]

夏秋イチゴ部会員の皆さんにご協力いただきました

夏秋イチゴ部会員の皆さんにご協力いただきました

  6月17日、堀金烏川地区にある堀井勇司さんのイチゴハウスで、信越放送(SBC)の情報番組「3時は!ららら♪」を収録しました。 JAあづみ夏秋イチゴ部会長の堀井さんが作っている夏秋イチゴが、同番組内の「藤木シェフの長野県のおいしい食べ方」コーナーで24日に放送されました。  堀井さんが栽培している夏秋イチゴは、県の育成品種として開発された「サマープリンセス」と北海道で開発され…

詳しく見る

13.05.24

レモン初選果  [JAあづみだより]

  小倉果実選果所で5月21日、「広島レモン」の初選果作業が始まりました。 当JAは4月、レモンの出荷量が単位JAとして国内最大で、夏の需要期までの貯蔵場所を探していたJA広島ゆたかと業務提携を結びました。 4月上旬に収穫したレモンは、同月下旬から7回に分けて小倉果実冷蔵庫に運び込まれました。冷蔵庫内には鮮度を保つために加湿器6台を設置し、約80トンのレモンが5℃、湿度90%を目安に品質…

詳しく見る

13.05.15

着果量確保のための管理指導会 [JAあづみだより]

 当JAは5月10日、松本市梓川梓の畑で、凍霜害を受けたリンゴの管理指導会を行い、農家約70名が参加しました。 当面の間、着果量確保のために必要となる対策について営農指導員が説明しました。 梓川地域の凍霜害被害は、標高に関わらず全域で発生していて、目の高さの枝から下枝にかけての中心花(一番良い実となる花)の被害が特に多いです。 営農指導員は、畑の被害状況によって摘果作業の仕方を変えていくように指導…

詳しく見る

お知らせ

最近のエントリー
葬儀・法事 事前相談会の開催のお知らせ
相続の基本や遺言の書き方を学ぶ
3JAがストック八重鑑別講習会を開催
夏秋いちご保冷施設増設
「安曇野うんめえ漬け」販売
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop