ホーム > お知らせ > 『米作りスタート 講習会で育苗ポイント確認』

お知らせ

23.03.14

『米作りスタート 講習会で育苗ポイント確認』 JAからのお知らせ

▲注文量の種もみを運ぶJA職員

 長野県内有数の米どころ、JA管内では水稲の種もみの販売が始まりました。種もみの種子全量更新は「JA長野県安心基準米」の必須条件。同JA全体では「コシヒカリ」や「ミルキークイーン」な
どを中心に、約90吐柯曚垢詬縦蠅任后

 安曇野市穂高有明の穂高地域営農センターは、13日からの5日間で「コシヒカリ」10.5トンと酒造好適米「美山錦」1.4トンなどを農家に配布します。JA職員は、注文量の袋を車の荷台に積み込んでいました。

 また、同地域営農センターは種もみの配布に合わせて有明出張所で令和5年度水稲育苗講習会を開き、農家約50人が参加しました。JA営農指導員が健苗づくりのポイントや種子消毒の手順、細菌性病害などについて説明しました。

 
 JAでは、夏場の高温障害による胴割れ米や白未熟米などの発生を未然に防ぐため、例年よりも1週間ほど遅い5月中旬頃に田植えをするよう指導するとともに、環境に配慮した特別栽培米「ヌカッ子」を推奨し、循環型農業の実践に取り組みます。

お知らせ

最近のエントリー
『JAあづみ夏秋いちご部会通常総会 個人の反収底上げ』
『米作りスタート 講習会で育苗ポイント確認』
『剪定枝や幹をバイオ炭に 無煙炭化器で燃焼実演会』
『第51回組合員代表者集会開催 成果が求められる年』
『企業説明会のお知らせ』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop