ホーム > お知らせ > 『あぐりキッズスクール(水稲コース) 稲刈りはぜ掛け楽しいぞ』

お知らせ

22.09.25

『あぐりキッズスクール(水稲コース) 稲刈りはぜ掛け楽しいぞ』 JAからのお知らせ

▲親子で稲刈り

▲刈った稲を畦に運びます

 農作業体験を通じて「食」と「農」 の大切さを伝える 「あぐりキッズスクール(水稲コース)」を開講しました。小学3〜6年生とその家族計22人が参加、秋晴れの下、黄金色に実った稲を一束ずつ鎌で刈り、はぜ掛けも楽しみました。
 この日は、安曇野市堀金の広域営農センターでオリエンテーションを行い、同市のコメ農家・青冒錣気鵑量鵤械悪討諒狆譴如■儀遒某△┐拭屮灰轡劵リ」を収穫しました。
 青砲気鵑蓮屬海諒狆譴里米は肥料や農薬を軽減し、環境に優しいお米として生産している。ケガに気をつけ作業して欲しい」とあいさつしました。

 田んぼでは、JA職員が鎌の使い方や稲の刈り方のポイントを指導。参加者は、たわわに実った稲穂を手際よく刈り取りました。

 安曇野市穂高から参加した西澤陽さんは「初めての稲刈りだったけど、刈り取った時の音や感触が気持ちよかった」と笑顔で話しました。

 営農経済事業部の丸山昌則次長は「近頃、水稲栽培は機械化が進み人手による作業工程が少なくなったが、手作業を体現する事により収穫に至る食の尊さは記憶に残ると思う。お米の有り難さを感じ、恵への感謝の気持ちを持ち続けて欲しい」と願いました。

 収獲した「コシヒカリ」は10日ほど乾燥させ、脱穀する。10月下旬開催予定の調理実習で新米(=5繊砲鬟廛譽璽鵐箸垢詬縦蠅任后

お知らせ

最近のエントリー
【重要】『当組合職員における新型コロナウイルス感染症の発生について』
『人形供養祭を開催します』
『あぐりキッズスクール(水稲コース) 稲刈りはぜ掛け楽しいぞ』
『JAあづみ2022フォトコンテスト 金賞に林春男さん』
【重要】『組合員ならびに利用者のみなさまへ』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop