ホーム > お知らせ > 『農業災害対策本部設置 支援体制整える』

お知らせ

22.04.15

『農業災害対策本部設置 支援体制整える』 JAからのお知らせ

▲農業災害対策本部を設置しました

 低温や凍霜害などによる農業災害に備えて「農業災害対策本部」を安曇野市堀金の広域営農センターに設置しました。

 令和3年度は、春先の低温による凍霜害の影響でリンゴや梨など果樹を中心に甚大な被害を受けました。果樹全体の販売高は昭和55年以来、41年ぶりに20億円を下回る事態となりました。現在、農業災害の発生は確認されていないものの、生産者へ迅速に、最善の支援ができるよう体制を整えました。

 同日、安曇野市堀金の同センターで設置会議を開き、安曇野・松本市やJA役職員ら約20人が出席。果樹やそ菜、米穀などの担当者がそれぞれ現況を報告し、対応方針を協議しました。

 今年の農作物の生育状況は、このほどの好天で平年よりも4日ほど生育が進んでます。リンゴは、低温が続くと下枝の結実不良を招く恐れがあることから、防霜資材の活用を呼び掛け、水稲育苗では、低温による葉先の黄変や枯死を避けるため、被覆資材の活用やハウス内の暖気管理など注意を促します。

 対策本部のメンバーは、二村恵常務理事を本部長に総勢19名で構成され、被害防止対策とともに、実害が発生した際の被害規模の早期把握と対策に努めます。

 営農経済事業部の丸山昌則次長は「一年の生産を占う意味で春先は最重要シーズンである。季節の変わり目は特に天候も変化し易くなるので、日々の気象予報を参考に未然に対処し、自身の経営を守って欲しい」と話しました。

お知らせ

最近のエントリー
【重要】『当JAにおける新型コロナウイルス感染症の発生について』
『JAあづみ無料職業紹介所からのお知らせ』
『農業災害対策本部設置 支援体制整える』
『2023年度 職員採用募集のお知らせ』
【重要】『生産者のみなさまへ(応募者募集)』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop