ホーム > お知らせ > 『極早生「夏明」 正確な選別を』

お知らせ

21.08.04

『極早生「夏明」 正確な選別を』 JAからのお知らせ

▲「夏明」を選果するスタッフ

 松本市梓川の果実南部選果所で極早生種の中でも出荷量の多い「夏明(なつあかり)」を初選果しました。

 春先の凍霜害の影響で果皮へのサビが多く見られ、例年に比べて約3割減収が見込まれます。サビなどの被害果は同JA直売所などで積極的に販売し、農家手取りの確保を図っていきます。
 
 例年並みの選果開始で、首都圏や、九州、地元市場へ900ケース(1ケース=10繊砲鮟于戮靴泙靴拭今年度の出荷計画は「夏明(なつあかり)」2,842ケース(同)を見込んでいます

 選果前には目揃い会を開き、営農経済事業部果実課の小林鷹文営農指導員が「生傷や裂果、サビなど注意深く確認し正確な選別を心掛けて欲しい」と呼び掛けました。
 選果スタッフ約10人は手作業で1個ずつ傷の有無や表面のサビ、凹みなどを確認した後、選果機のセンサーで色、熟度や大きさを判定。「特秀」、「秀」、「優」の3等級に分けて箱詰めしました。

 同課中村洋一課長は「極早生種への市場からの期待が高い分、正確な選別で品質の高さを維持するとともに農家手取りの確保に尽力したい」と力を込めました。

お知らせ

最近のエントリー
『農家の生産意欲維持に 市に要請書提出』
『極早生「夏明」 正確な選別を』
『2年ぶり花き品評会 最優秀に望月勝志さん』
『指導巡回車にドラレコ 盗難抑止』
『極早生リンゴ 恋空初選果』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop