ホーム > お知らせ > 2021年8月

お知らせ

21.08.27

『ナガノパープル初出荷 玉張り、着色良好』 JAからのお知らせ

▲サンプル品で糖度や粒の大きさを確認する生産者や営農指導員ら

▲サンプル品で糖度や粒の大きさを確認する生産者や営農指導員ら

 安曇野産ブドウ「ナガノパープル」の出荷が27日、始まりました。営農経済事業部果実課によると2021年度は7、8月の降雨で、県内でべと病の発生が相次いでいるという。それでも、玉張りや着色は良好で、出荷ピークを迎える9月中・下旬には、糖度が18度を超える見込みです。 初日は6ケース(1㌜=5?)を県内や首都圏、関西などの市場に出荷しました。21年産の出荷計画は前年比146ケース増の1,…

詳しく見る

21.08.17

『地場産の盆花 質の高さ好評』 JAからのお知らせ

▲切り花を選ぶ来場者

▲切り花を選ぶ来場者

 安曇野市豊科の大型農産物直売所「安曇野スイス村ハイジの里」では15日までの4日間、毎年恒例の「お盆の市」を開きました。地場産の盆花やお供え用の果実などを販売しました。 駐車場の特設会場には、地元農家が栽培した小菊やアスター、トルコギキョウ、ユリなどの豊富な切り花が並びました。 期間中は約3100束の切り花を用意、1束170円からと手頃な価格で、開店と同時に主婦や家族連れが何束も買い求めていました…

詳しく見る

21.08.10

『農家の生産意欲維持に 市に要請書提出』 JAからのお知らせ

▲宮澤市長蕕僕彑曾颪鮗蠹呂浩蚶∩塙臘

▲宮澤市長蕕僕彑曾颪鮗蠹呂浩蚶∩塙臘

 JAあづみとJA松本ハイランドは、4月に発生した凍霜害の支援を安曇野市と松本市に連名で要請しました。 要請は、被害農家への支援として?資金需要に応じて、必要な利子補給等の支援を実施?サビ果等規格外果実の販売に必要な資材購入経費への助成措置?収入保険制度への加入促進に向けた、掛金支援率の引き上げおよび同制度のない行政には支援事業創設の3点について力強い支援を求めました。 安曇野市役所にはJAあづみ…

詳しく見る

21.08.04

『極早生「夏明」 正確な選別を』 JAからのお知らせ

▲「夏明」を選果するスタッフ

▲「夏明」を選果するスタッフ

 松本市梓川の果実南部選果所で極早生種の中でも出荷量の多い「夏明(なつあかり)」を初選果しました。 春先の凍霜害の影響で果皮へのサビが多く見られ、例年に比べて約3割減収が見込まれます。サビなどの被害果は同JA直売所などで積極的に販売し、農家手取りの確保を図っていきます。  例年並みの選果開始で、首都圏や、九州、地元市場へ900ケース(1ケース=10?)を出荷しました。今年度の出荷計画は「夏明(なつ…

詳しく見る

お知らせ

最近のエントリー
『ナガノパープル初出荷 玉張り、着色良好』
『地場産の盆花 質の高さ好評』
『農家の生産意欲維持に 市に要請書提出』
『極早生「夏明」 正確な選別を』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop