ホーム > お知らせ > 『ノルディックウォーキング交流会開催 秋空のもと交流楽しむ』

お知らせ

20.10.14

『ノルディックウォーキング交流会開催 秋空のもと交流楽しむ』 JAからのお知らせ

▲交流会に参加した部員たち

▲コスモスとウォーキングを楽しむ

JAあづみ女性部は7日、安曇野市堀金の国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)で毎年恒例となっている「ノルディックウォーキング交流会」を行いました。

健康促進や仲間作り、部員同士の交流を深めることを目的に開催したところ、昨年よりも10人多い55人が参加し、部員らは久しぶりに女性部での活動を満喫しました。

JA理事で講師を務めた細田範良さんは「人生100年時代。健康に勝るものはない。新型コロナで運動不足が心配。皆さんの健康作りに繋がるようお手伝いさせていただきたい」とあいさつしました。

ノルディックウォーキングは北欧のクロスカントリー選手が、夏場の体力維持のため、ポールを持って野山を歩いたのが始まり。全身の90%の筋肉を使う最も簡単な全身運動で通常のウォーキングに比べ1.3倍のエネルギー消費効果があります。ポールを持つことにより4足歩行となるため、足・腰への負担も軽減されます。

部員らは全長約4劼琉惰淕遒硫かしい里山の風景と季節の花風景が楽しめる「里山文化ゾーン」コースや約20万のコスモスが咲き誇る花畑と北アルプスの景色が楽しめる「田園ゾーン」コースなど3つのコースの中からそれぞれ自分の体力に見合ったコースを選択し思い思いにウォーキングを楽しみました。

 女性部の鶴見静江部長は「新型コロナウイルスの影響で本来の活動が出来ずにいた。毎年部員が楽しみにしている活動のひとつなので実施出来て良かった。仲間と大自然を満喫できたし健康を維持する為、続けたい」とあいさつしほっと胸をなでおろしました。

 ウォーキング後、農産物直売所「Vif穂高」の地元野菜をふんだんに使った弁当が配られ、部員らは美味しそうに頬張りながら久々の活動に喜びを噛みしめるとともに、秋空を満喫していました。

お知らせ

最近のエントリー
『JAあづみ女性部フェスティバル参加予定の皆様へ』
『JAあづみ創立55周年企画「55年目の発掘と褒賞〜安曇野の大地への愛と誇りを〜」』候補者募集
『女性のつどいに参加予定の皆様へ』
『無添加の食用油 給食に』
『JAあづみ青壮年部とJA常勤役員、室・事業部長との懇談会』
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop