ホーム > お知らせ > 『新米検査始まる』

お知らせ

20.09.09

『新米検査始まる』 JAからのお知らせ

▲検査を行う勝野検査員

▲「一等」の示す印を押すJA職員

 安曇野市穂高のJA北部低温農業倉庫で8日、令和2年産米の初検査を行いました。

検査に先立ちあいさつした千國茂代表理事組合長は「人口減少に伴い、米の消費量も数十万トン落ち込むと想定されている。産地を維持する為には良質な米を出荷し消費者の心を掴むことが必須。責任とプライドをもって検査して欲しい」と話しました。

 この日運び込まれた「コシヒカリ」約9.4鼎鮓〆紺が検査し全量が1等の評価を受けました。管内で1万2600鼎僚顕戮鯡椹悗掘検査は10月中旬頃まで続きます。主力の「コシヒカリ」は9月中旬から下旬にかけて収穫のピークを迎える見込みです。

堀金地域営農センター課長代理で指導的検査員の勝野美孝さんら2人の検査員が、米袋から「穀刺し」で玄米を抜き出し、黒い皿の上で胴割れや乳白の有無、カメムシの斑点米がないかなどを調べ、水分量も専用の検査器で計測しました。

米の形が整っているかを示す「整粒歩合」は平均77%と、1等米の基準である70%をクリアし、検査員は次々と米袋に「1等」を示す印を押していきました。

検査を行った勝野美孝検査員は「収穫前の高温で胴割れ米や白未熟米など、品質面で心配事は多かったが上質な米が多い。仕上がりはいい」と話しました。

集荷した米は県内市場や関西、九州の市場を中心に出荷されます。19〜22日には「安曇野スイス村ハイジの里」で新米まつりを開催し、安曇野産米がいち早く販売される予定です。

お知らせ

最近のエントリー
「農業労働力確保緊急支援事業」のお知らせ(援農者緊急確保支援事業)
『新米検査始まる』
突風により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
『お取引店舗変更のお知らせ』
『あぐりキッズスクール』参加者募集終了のお知らせ
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop