ホーム > お知らせ > 初の豆まき大会

お知らせ

19.02.05

初の豆まき大会 JAあづみだより

▲福をつかもうと手を伸ばす来場者

 2月2、3日両日、大型農産物直売所「安曇野スイス村ハイジの里」は節分祭を開きました。
 恵方巻きや小玉リンゴ「ピンクレディー」、ハクサイ、節分そばなどを販売。
 3日には、初めて豆まき大会を行いました。
 レジ通過者数は、2日間で前年比976人増の2125人、売上高は約1.6倍となる150万円増の371万円に上り、大きな集客効果がありました。
 千國茂組合長やハイジの里運営協力会の榑沼正次会長ら6人が駐車場で、穂高神社で祈祷した豆が入った小袋1800袋と、直売所交流している愛媛県伊予市のファーマーズマーケット「いよっこら」のレモンやポンカン、紅白餅などをまきました。
 千國組合長は「組合員や地域の皆さまへ感謝の気持ちを込めて企画した。今後もハイジの里をご愛顧願いたい」とあいさつし、「福は内」「鬼は外」の掛け声で豆まきをしました。
 来場者に体を温めてもらおうと、JA女性部食育委員会は安曇野産の食材を豊富に使った豚汁を250人分振る舞いました。

お知らせ

最近のエントリー
3JAがストック八重鑑別講習会を開催
「安曇野うんめえ漬け」販売
初の豆まき大会
スコップ三味線を演奏するメンバー
リンゴ「ピンクレディー」出番、大切な人に贈って
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop