ホーム > お知らせ > 3JAがストック八重鑑別講習会を開催

お知らせ

19.02.11

3JAがストック八重鑑別講習会を開催 JAあづみだより

▲鑑別作業をする参加者

 2月7日、JAあづみ、JA松本ハイランド、JA大北の生産者でつくる中信ストック協議会は、安曇野市のJAそ菜流通センターで春ストック八重鑑別講習会を開き、会員やJA関係者ら12人が参加して、発芽した苗の中から一重の苗を取り除く作業をしました。             
 鑑別作業は「発芽ぞろい」「子葉が展開しそろったとき」「植え付け前」の3回に分けて行い、子葉の色が濃いものや生育不良、子葉が丸く片葉などの苗を抜き取ります。
 鑑別した苗はハウスで3週間ほど育苗した後、植え付けます。

お知らせ

最近のエントリー
相続の基本や遺言の書き方を学ぶ
3JAがストック八重鑑別講習会を開催
夏秋いちご保冷施設増設
「安曇野うんめえ漬け」販売
初の豆まき大会
カテゴリ別に見る
イベント情報
JAあづみだより
JAからのお知らせ
ニュース
月別に見る
RSSを取得
ブログのRSSフィードを取得

pagetop